今日も今日とて、とぜんでございます。

20代偏屈オタ男が日々とりとめないことを 書き留めるための随想録。 そしてそれは落書帳。 そしてそれはネタ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お言葉

年度末だ。
ということは春がやってきて新年度や新学期が始まる。

陳腐な表現だけども出会いと別れの季節。
学生のときもそれはなんとなく実感していた。

社会人になってよりそれを強く思った。
転属というのは必ずやってくる。

一足早く送迎会に参加してきた。
付き合ってきた時間の長い人、短い人、いろんな人がいる。
別れに対する感情表現もまた、人それぞれだ。

ただ思うのは、「出会う」ということが当たり前で
ただひたすらにありふれていることなのに、「別れる」ということは
何故こんなにも人の心を動かすのかということだ。

そして本当に偉大な人は意外なほど近くにいるということを
強く実感する。ありがたい言葉をたくさん頂いた。
高々一年目の自分には勿体ないほどのお言葉だった。

「前に出ていい。むしろ出ないと怒るぞ。」

そんな言葉が本当にうれしかった。
前に出れるか正直に言って不安だ。
それが難しくとも、とにかく前を見ていたいと思う。



また花見の季節がやってくる。
今年はどんな桜が見れるのだろうか。


スポンサーサイト

プルート

ぜんぜんホットな話題でもなんでもなく、
だいぶ前の話なんだけども急に気になったのが冥王星のこと。
宇宙ってロマンがあってかなり好きな分野なんです。

2006年冥王星は太陽系惑星から外れたという話ですね。
当時はニュースなどで結構騒がれていたはず。

いやなんとなくさみしいなって思った記憶がある。
おれが中学のときは水金地火木土天海冥、あるいは冥海だったんだぞ。
とか言う日がいつか来るんだろうなんて思いました。
円周率も3になったり3.14になったり今の学生さんたちは忙しいもんです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%A5%E7%8E%8B%E6%98%9F
冥王星は第9惑星だったわけですが、wikiで調べてみると、
今や太陽系外縁天体とかいうカテゴリーに所属してるそうです。
番号で言うと小惑星番号134340番。こう書いてしまうとなんだか味気ないですね。

人類が進歩して冥王星もそんなに珍しい星ではなくなったということで
分類的にも例外を認めてしまうと成り立たなくなってしまうのが科学なわけで
冥王星が惑星でなくなってしまうのも認められないことではないと思います。

ただ人間が見つけて騒いでそしてまた小惑星の扱いになって
忘れさられてしまうんだなぁと思うとなんとなく悲しい感じもする。

量子力学をほんの数ミクロンかじってみると、
観測できないものは科学では扱えないという命題にぶち当たります。

そういう意味では冥王星は観測されたし、
ドラマを残したのだから私の中ではなんだかより強い印象を
冥王星に抱くようになりましたから、これはこれでいいのかもしれない。

ところでプルートと聞いてあっちの黄色い犬っころちゃんを
思い出す方も多いと思うのですが、
Plutoはこの冥王星の名前から付けられているそうです。

冥王星を発見したのはアメリカ人のクライド・トンボー。
ゆえにアメリカ人がはじめて発見した惑星として当時
大いに盛り上がったそうです。そしてミッキーの相棒プルートが
生まれたのも冥王星が発見された1930年。
そうしたブームに乗っかり名付けられたというわけらしいのです。

ちなみにプルートはローマ神話の冥府の王。
天文学と神話が大好きなイングランドの
当時11歳の少女が名前をつけたそうです。なんともロマンチックな話です。

冥王星。名もない小惑星になっても、私はその星の名を忘れないでしょう。

時間の流れ

いつもと違うことが起きると、時間の流れが変わるような気がする。

同じことの繰り返しというか、リズムのある生活というのは
時間を感じさせないものだが、毎日違うひとに出会ったり、
違うところで過ごしたりすると途端に長く感じたりする。

一日一日の中で見たことも聞いたこともないものを目の当たりにし、
味わったことのない感情を抱くことが続くと時間というものは
なんだか一定に流れていない気がしてくる。

どんな人にとっても時間だけは平等であるとは思う。
誰かだけ一日26時間とかいう時を過ごしたりはしない。

ただそれもどこかで定められてことであって、
確かにそれを気にしないで生活している人は沢山いる。

昔から時間について悩むことが多かったのだが、
この一週間は殊更その時間について悩まされた。

時間をどう使うかということばかり考えさせられるものだが、
ではなぜその時間が与えられたのかということを考えだすと
途端にそれは果てのない難題になってしまう。

そもそもそんなことを考えること自体が無意味なのかもしれない。
時間は与えられたものではなく、自分を律するために生まれたものだ。

事実、「時間」がなくとも人は生きていける。
生きることに意味を与えようとするのが時間の存在意義なのかもしれない。

そうだとするならば、残された時間をどう生きるかよりも、
生きるために時間にどんな意味を見出すのかということが
本当は大切なことなのだろう。

後悔というものは先には立たない。
これほどまでに時間を的確に残酷に表現したものはないと思わされる。


雨のMM21

みなとみらい、海


帽子を買いたくなって赤レンガの中にあるCA4LAを目指して
霧雨降るみなとみらいを散策した。

のんびりとただMMを見て回るのは久しぶりだった。
微妙に少しずつ発展をみせて街の姿が変わっているのに気づいた。

数年の間を空けて人にあったり、街に出向いたりするとその変化に
感動したり驚いたりすることはままあることだ。

街を生き物のように動的にとらえる社会学者がいるが
なんとなくそんな考え方にも頷けるものがある。

人も動物も長い年月の中で少しずつ姿を変える。
街も時代とともにその姿を変えていく。

赤レンガ倉庫階段


何気ない風景もじっとみていると何かしらの構図があって面白い。
これが計算されて作られているものもあれば
偶然そうなっているものもあるし、
風景や情景というのは本当に見ていて飽きない。

Queen's square


最近は機能に加えて、なによりそれを包括するデザインが重要視されるようになってきた。
グッドデザイン賞の展示会の特集を見た時も思ったが、
本当にいろいろと考えられてモノがデザインされているものだなと関心した。

デザインの語源はデッサンと同じくラテン語の「計画を記号に表す」という意味の言葉
"designare"であるらしいが、なるほど納得である。

これは良いデザインだと軽々しく言うようになってきたような気がするが、
デザインした人間が計画して表したモノは本来の計画通りの意味を、
受け取る側がどこまで理解しているかというのは本当に怪しいものだ。

もちろん100パーセントそのまま意味が伝わることもないだろうが、
ある程度意味が疎通できなければ良いデザインとは言えないのではないだろうか。

伝え表現することは大変エネルギーのいる行為だと思うのだが、
受け取るのはあくまでも受動的で黙っていても投げかけれることは溢れている。

それをきちんと腰を据えて同等のエネルギーでもって受け止めねば
デザインされたものをある程度のレベルで受け取ることも難しいと思う。

何を感じるかは確かにひとそれぞれだが、
感受性の豊かさはそういった行為の積み重ねで
培われるものなのかもしれない。


純粋に思ったことを抽象的に書かせていただく。


どんな人にも腹に抱えていたままで言えないことがある。

どんなに親しい間柄であっても、おいそれとは口にできないことがある。

誰かを傷つけてしまうから。
自分の弱さを見せてしまうから。
迷惑をかけてしまうから。
嫌われてしまうかもしれないから。
同情されたくないから。
今までの環境を変えてしまうかもしれないから。
言っても仕方がないどうしようもないことだから。
自分でもまだうまく言うことができないから。

様々な理由で人は口を噤んでしまう。

そうして口に出されるはずの言葉はしまい込まれる。
しまい込んだ言葉は消化されることはなく頭や心の中に居座り続け、
腐りそして澱のように溜まっていく。

たまった澱を口に出そうとして、吐き出したその言葉は
自分が思っていたものと違った薄汚い不信感や恐怖に塗れている。

伝えたかったこととはまったく逆の言葉を発している。
それを見て混乱する。作り上げてきたものを、壊さなくていいものを、壊してしまう。

そんな状況を見たくない。誰だって見たくない。

追いつめられるとそんな事態が起きたりする。
そのとき言の葉のその汚れを優しい気持ちで奇麗に落とせたなら、
受け止められたなら、その言葉たちは吐き出した人にとっても、
吐き出された人にとっても、何事にも代えがたい金言になるとおれは思う。

だからどんなに酷いものを目にしようとも、耳にしようとも、
自分の感覚が麻痺していないうちは真っすぐに向き合わなくちゃならないと思う。


Top|Next »

HOME

  falcon.ver.2.1 < > Reload

隼んver.2.1

Author:隼んver.2.1
性別:男
出身:北海道札幌市
現住所:神奈川県横浜市
血液型:不明(いい加減知りたい)
職業:小売・販売業
これまでの迷言:
おれ達は前を見ることしかできない。
好物:ラーメン(何味でもかまわんです。)

少年老い易く、学成り難し。
もう少年でもないので、
老いてゆかぬよう頑張ります。
おっさん老い難く、学成り易し。

リンクフリーでございます。


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。