今日も今日とて、とぜんでございます。

20代偏屈オタ男が日々とりとめないことを 書き留めるための随想録。 そしてそれは落書帳。 そしてそれはネタ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四次ゲームハード争奪大戦

ファミ通


久々に個人的にネットラジオ収録をしてきた。
今回紹介した雑誌はゲーマーでなくともご存じだろう「ファミ通」である。
写真にはないが、もうひとつは任天堂専用雑誌「Nintendo Dream」、
通称「ニンドリ」である。

「ファミコン」から家庭用ゲームが大衆に明るみに出るようになってから、
「スーファミ、PCエンジン、メガドライブ」の時代。
「セガサターン、プレイステーション、ニンテンドー64」の時代。
「ドリームキャスト、プレステ2、ゲームキューブ、Xbox」の時代。
とゲームハード史を大きく区切って見ていくのならば、今は「Wii、プレステ3、Xbox360」の
三つのハードを巡る、さしずめ第四次ゲームハード選択大戦といったところである。

もちろんこの他にもSEGAのマーク2、ネオジオ、3DO、バーチャルボーイ、
プレイディア、PC-FXなど大舞台ではあまり活躍できなかったハードたちも沢山あり、
携帯家庭用ゲーム機まで含めると無数のハードがこの世に生れ出た。
今はDSとPSPの二大携帯ゲームハードが両側から席捲しているが
中でもDSの進撃は凄まじいものがある。

幼少の頃からファミコンカセットに囲まれて育ったおれはゲームに関しての感覚は
麻痺してきているので新しいものが出てこれだけDSが普及しようとも、
あまり感慨も受けていないのだが改めてゲーム機の変遷を見ると目覚ましいものがある。

単にテレビゲームといったチープな響きのハードではなくなってきている。
一台の拡張性がかなり強いのでもはや一つの生活家電製品と肩を並べるまでの
成長を遂げたと言っても過言ではないと思う。

バランスボードやらなにやらを買いそろえていくといよいよ家の中で
ゲームしてんのに運動してるということにもなってくるのである。
そうなると「たまには外で運動してきなさい」といった叱咤もその威力を失ってくる。

今はあまりゆっくりとゲームをする時間もなくなってしまい、
たまにぶわーっと遊ぶ程度になってしまったけれどもそれでも
ゲームに対する熱は冷めてくれそうにない。

おれがおぎゃーっとこの世に生を授かって、歩けるようになって、喋れるようになって、
下の毛も生えそろって、汚い男になるまでの年月でまさに赤ん坊が成長するように
ゲームもこの20年来で日進月歩でとてつもない進化を遂げたというわけだ。

結局おれの人生の中でゲームというものはその傍らにずっとあったものなのだから
切り離せないというのはゲーマーとかオタクとか以前の問題である。
つまり、テレビや洗濯機や冷蔵庫と同じように家にはゲーム機があったのだから
当り前の存在になっていたということに今更気付いたのだ。

ハードとソフトの歴史を振り返ることは自然と自分の思い出を振り返ることになっている。
ゲームがただ遊ぶだけの存在だと思われてきたが数十年という年月が
折り重なってくるとちょっとそれだけの存在ではなくなりつつあるよなぁと思う。

面白くって夢中になれて、友達と語りあかして、ストーリーにジーンと来たりするような
ゲームと共に育ったことは少なくとも無駄じゃねーなぁとちょっとしみじみしたりする。
単純に年くっておじさんになったからと言われてしまえばそれまでだけども
ゲームというものが底が浅いもんだとはどうしても思えないのである。


スポンサーサイト

MAGAZINATION EXTRA 01

ハンドガンの本


こっちの雑誌は収録には使いません。
いわゆる本当に趣味で買った雑誌でございます。

なんというかこのトイガン雑誌に限らず、
カタログ雑誌というものが昔から好きで雑誌をめくりながら
沢山"モノ"が載っているのを眺めるのが楽しくて好きなのです。

食べ物にしても、オモチャにしても、アクセサリーにしても、
お店にいって眺めるのももちろん楽しいですけど
家で帰ってきて寝る前にゆっくり眺めてる時間が
なんとも言えず楽しい。

インターネットで見るのも楽しいんですけど
やっぱりどうも味気なかったりするんですよね。
雑誌の場合だとあるテーマにそって編集されているというのが
やはりポイントであり、お金を出して買う意味が
あるなーって思うところでもあります。

内容ひとつひとつが次々にリンクされていって
大きな情報体として頭に流れ込んでくるっていうのが
やはり理想的な雑誌だと思います。
そういう意味だとやはりゴシップ誌とかは
どうも読む気がしない。あの手の雑誌の場合は
自分が興味ある部分だけ読むというのが
正しい読み方なのかもしれないですけどね。

書店に行って雑誌を選んでいる間もつい夢中になってしまって
いつまでも長居してしまって遅刻しそうになります。
選ぶことの楽しみですね。選択力とはなんなんでしょうか。

何を選んで何を捨てるか、常にその繰り返しの中で
良いものを選んでると思いたいのですが、
結局のところ自分の信じたものをつかみとって
生きるべきなんでしょうね。


MAGAZINATION 03

雑誌_「yogini」


次の雑誌はヨガの雑誌。「ヨギーニ」。
ビリーに今は負けているような気がしますが、
ちょっとヨガってなんなん?って思い即購入。

とりあえずインドのダルシムが思い浮かぶ。
あとはなんも思い浮かばない。

神秘のスポーツ?エクササイズ?
美しくなれる。健康維持、体調改善。
様々な効果が期待されるヨガ。

本当にそうなのか?ちょっと検証してみたいと思います。
そもそもヨガに限らず、インドという国自体が
不思議なオーラに包まれていますね。
アーユルヴェーダ然り、謎のエステもあります。
沐浴のガンジス川に煌びやかなタージ・マハル。
一度行った人はハマル人はその魅力にマジでハマルそうです。

日本という国は鎖国してきた割には
外国のことが結構好きな国ですねー。
外国の人も、日本に来るとこんなに色んな国の食べ物やショップが
あるような国は見たことがないという感想を抱くそうです。
日本国は好奇心や順応性はなかなかあるのかもしれませんね。

まあでもその分、日本らしさってなんだろうと迷走することも
最近多々あるような感じも見受けられます。

なんというか死ぬまでに一度は行っておきたい
国や場所が沢山あります。ちょっと外国に行くと
本当に世界は広いなって思わされます。
と、同時に簡単に海の向こう側に行ける時代に
うまれてよかったとも思います。

インターネットや航空技術の発達で
世界の感覚距離は縮んでいくばかりですが、
そうはいってもやはり一つの天体は巨大なもんです。


MAGAZINATION 02

趣味でやっております、ネトラジ番組「MAGAZINATION」
第6回目収録してきましたよー。

今回は「BE-PAL」というアウトドア系雑誌でした。

BE-PAL


前回の「マグロ」とは違って落ち着いた仕上がりになりました。
テント張ったりとか野外で自炊したりとか
もうしばらくそんなことやってないなぁって思います。
昔宿泊学習でやった薪割とか結構楽しかったなぁとか
そんなこと思い出しながらしみじみ眺めてしまいました。

火の起こし方とか、野外で遊べる道具を作ったりだとか
そんなことが特集されています。
あと寄り道に適した山々その数なんと200選!
そんなに寄り道できませんw

外に出て遊ぶ機会がめっきり減った子供たち。
都会じゃ遊ぶところもあんまり無いですしね。
以前に住んでいたところはまだ発展途上で
中途半端な新興住宅地だったので
少し足を運べば田んぼもあったし、蛙も鳴いていたし、
玄関に巨大な虫が現れたり、公園に蛇が出たりとか、
まだ田舎っぽかったのでそういう野外の
遊びも多かったものです。

部屋で遊ぶか、外で遊ぶか
どちらがいいのかおれには断言できないですが、
たまに外で羽伸ばして遊ぶのもいいですよね。

もうすぐ夏休み。
昆虫採集なんてことをする人もあんまりいないのですかね。
どこか自然の多い場所でのんびりしたいです。


MAGAZINATION 01

特集「まぐろ」


友人とネタ探しに書店の雑誌棚を回っていて見つけた、
「旬」がまるごとマザーフードマガジン。特集「まぐろ」。
記念すべき創刊号でございます。

まず目を惹くのが表紙でございます。
兜といわれる赤身の王様マグロの頭の部分が
でかでかと載っております。

平積みされているフード系雑誌の中で一際
目立っております。まぐろ語源説に目が黒いから
「目黒」それが訛り「まぐろ」になったというのがあります。
それだけマグロの目は印象的。目がとにかくでかい。

目がくりくりした女性が好きなおれはマグロにもときめく…
わけもなく思わず手にとって見てしまいました。
雑誌一冊まるごとが殆どまぐろのことしか書かれていません。

最近本当に色々な雑誌が創刊されるようになりました。
ファッション雑誌は細かく年齢別に
発刊されるようになりましたし、
一部のマニアにしか分からないような内容の
雑誌も山のごとく出ております。

インターネットで調べれば何でもわかるこのご時勢に
雑誌が沢山発刊されるというのは少し不思議なのですが
結局のところ雑多な情報の集合体の
サイバーの世界はほぼ未編集。
一方美しく装丁された雑誌はあるテーマに沿って綿密に
編集された媒体なのです。加えてページを繰るという
アナログな行為を通して飛び込んでくる写真や
文章は我々の知的好奇心のストライクゾーンを
的確に刺激するというわけでございます。

紙を媒体とするメディアが消えてなくなるという
議論が昨今ありますが恐らくまだまだ
消えてなくなりはしないという妙な確信があります。

分厚く重たい本の頁の上に書いてあることは
人間によって精魂こめて執筆され、編集され、
推敲されたものだからでしょう。
そこにシビれる!あこがれるゥ!というわけでございます。
お粗末さま。


Top

HOME

  falcon.ver.2.1 < > Reload

隼んver.2.1

Author:隼んver.2.1
性別:男
出身:北海道札幌市
現住所:神奈川県横浜市
血液型:不明(いい加減知りたい)
職業:小売・販売業
これまでの迷言:
おれ達は前を見ることしかできない。
好物:ラーメン(何味でもかまわんです。)

少年老い易く、学成り難し。
もう少年でもないので、
老いてゆかぬよう頑張ります。
おっさん老い難く、学成り易し。

リンクフリーでございます。


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。