今日も今日とて、とぜんでございます。

20代偏屈オタ男が日々とりとめないことを 書き留めるための随想録。 そしてそれは落書帳。 そしてそれはネタ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛍光灯、死亡

なんか帰ってきたら切れてる。暗い。
このままでは気持ちまで暗くなるぜ。さっさと買ってこなければ。
つーわけで電気スタンドで我慢。今思えば電気スタンドとか殆ど使ってないぜ。
受験の時期はすげーかつや・・・くしてるわけでもない。
同じスタンドでもスタプラとかゴルードエクスペリエンスがよかったぜ。

結局このスタンドって意味あるんだろうか。
確か目が悪くならないように、明るくして勉強するためだったな。
思いっきり近視になってしまいました。親不孝ごめんなさい。
それでもないよりはあった方がいいしなぁ。

学習机ってやつを使ったことがないんだけども、
だいたい最初からついてるんだよな。あれは。
学習机っていうネーミング自体がもしかしてもう古いのか?
まあもう学習するための机って時点でおれはいやだ。

以前にもどっかで書いたけどもうちの机は事務用の古い金属製の
バカでかい重たい机である。部屋のまあ8分の1くらいを占めている。
収納率は抜群だがなにせ重たい。動かしたりする気が起きない。

うーん暗い。いっそキャンドルにしよう。そうしよう。
その方が雰囲気でるし。よし。

青雲、それはー君が見た光ー。僕が見ーたー、希望ー。
青雲、それはーふれあいの心ー。幸せのー青いー雲ー。

「心さわやか、お線香は青雲。」

にっぽんこーどー♪

って線香だったなこの歌。良い歌だわ、しかし。涙でてきた。


スポンサーサイト

竹刀って英語でバンブーブレードっていうのかい?ちょっと単純すぎやしないかい?

BAMBOO BLADE 1巻


テレビ東京系列月曜深夜にて放送中のバンブレことBAMBOO BLADE。
面白いですわ。剣道アニメって六三四の剣以来じゃないのかねぇ。
そう考えると古くて新しいって感じがするのもなんとなく頷ける。

いとこが剣道やっていたんですが、すっかりヤンキーの
抗争に巻き込まれています。まあ案外現実そんなもんですね。

剣道って防具やらなんやら特殊なんでなかなかとっつきにくいイメージがありますが、
アイシールドにしてもこういうちょっとマイナーよりなスポーツが題材だと
先が読めなかったり、新しい発見があったり燃えるもんがありますね。
スラダンも始まる前まではバスケってそんなにメジャーなかったですしね。

バンブレにはすんげー嫌な奴が出てくるんですが
そいつを竹刀でバシーンとやっつける爽快感がたまらんです。
まあ武士道系はやっぱり正義の剣とか不殺の剣とか
そういうのに落ち着くんですけどなんだかんだでジーンとしてしまうね。

道徳教育にマンガを、なんていったらまた怒られるな・・・。


怒りのメガトンパンチ

ドンキーコング2 怒りのメガトンパンチ


唐突だが、レトロゲームを紹介しよう。
「キングコング2 怒りのメガトンパンチ」である。
主人公のドンキーコングが何者かによってさらわれた
ヒロインのレディコングを助けるアクションゲームだ。

特徴的なのは全てのステージが真上からみた視点となっていることだ。
これによってジャンプしてもまったく遠近感をつかめない最高の仕様となっている。
ところどころ穴があるステージがあり落ちると即死である。

ステージ構成は一応あるものの、各ステージにワープポイントが
いくつもありそれぞれが各ステージを結んでいるため
1→4→7などのようにステージの攻略の仕方がばらばらになることは必至である。
各ステージにボスがおり倒すと鍵が手に入る。
全ての鍵を手にいれなければレディコングを救うことはできない。

巨大プラント施設や森林、繁華街を踏みつぶしながら
戦車をメガトンパンチでぶん殴り破壊していく。
途中岩が手に入ると制限付きで岩石をあたりになげつけるという攻撃もできる。

そして今作は「キングコング2」だが「キングコング」というゲームは存在しない。

箱に書いてある「出た!2Mビット」という岡田さんバリの演出は
なんだか見ていて目から変な汁が出てくるノスタルジィを秘めている。
おまけにスピードくじまでついていたんだね。

曲がなかなか良く無音からスタートボタンを押すと流れ出すという演出は
なかなか凝っていた。コナミは今では音ゲーの火付け役だが、
昔からいいゲーム音楽を創出してきたと思う。

レゲーっていいもんですね。


徹夜の部屋

徹夜しまくり、目がしょっぼしょぼのだるんだるんですわ。
その甲斐あって終わった。何もかも。
寝ないことに慣れるとちょこっと寝て起きるだけで目が最高に冴えてくるもんですな。
んで調子乗ってると急激に睡魔が襲ってくる瞬間があって
気がついたらぶっ倒れて眠ってるんですね。おもしろいですねぇ。

閑話休題。

「あなたはあれですよね、なんでも芸がおできになるんですって?」

徹子の部屋に芸人が呼ばれる回の徹子の鬼のようなフリは何度見ても
清々しい気持ちになる。そしてさんざん芸をやらせたあげく
「まーおもしろい。他にもあるんですって?」
という怒涛の畳みかけの切れ味が良すぎる。

んで頑張って芸をやりきったら有無を言わさず見事にエンディングである。
「大変面白かったです。また来週~。」
本当に面白いとおもっているのか徹子さん。

そして何より残念なのは世界不思議発見の回答形式が変わってしまって
徹子さんの神々しい回答あまり見れなくなったことである。
あの難しい漢字とかをさらっと独特の字体で書くのは
ただものではないと小さい頃から感じていたものです。

そういえば野々村真がパーフェクト出した回は感動で笑った。
演出なのかしらないが思いっきり泣いてたのは今でも強烈な印象が残っている。
偶然あの回を見れて幸せになった気持ちは今も覚えています。


9000

何が9000かというと、カウンターが9000回っていた。
読んでくれている方々、ありがとうございます。

10000になったらなんかあるといいんですがねぇ。
なんかやって欲しいことあったら募集します。出来る範囲でやります。

さてと、すっかり時間の感覚がおかしくなってきたましたわ。

最近の出来事ですが、うまい棒50本貰ってそれを必死に食べています。
うまい棒ブレード作ったりしてました。強度と味に問題がある。
やっぱりめんたい味が最強だろという結論を得ました。
それとうまい棒チョコ味ってのもうまい棒とは思わなければ
ただのチョコのうまい棒でした。

何を言ってるのか分からないという人はまったくもって正常です。
おれも言わんとしてることがいえてません。

さて気付いているとは思いますが最近文章がおかしいです。
精神の爛れ具合や疲労は文章にも反映します。
いわゆる一種の健康観察日記になっている気がします。
後で見返すと明らかにおかしいのですが、
書いたときも明らかにおかしいと感じて書いています。

ARIAのヒーリング効果はとりあえずやばいと思います。

おれ大学を卒業したらいつかネオ・ヴェネツィアに行くんだ・・・。


やる気!その気!大好き!

だれかおれにやる気をください。筆が進みません。
いろいろもろもろナメてました。ぶわー。にょろ~ん…。

あきらめたら、そこで試合終了ですよ。

おれの安西先生はどこにいるんだ。

ミッチーにおれもなりたかった。
ミッチーが一番好きでした。人間らしくて。

今日は寝ないぞ、おれは。
栄養ドリンクってコンビニでも売ってるのか?
あれって医薬品だっけか?


雪だー!

おーれはよーろこび、み~ちをダッシュ~!
ま~わりは~おれみて~どんびきです~♪

いやーやっと雪降りましたな。雪見るとやっぱテンション上がるなぁ。
それでもやっぱりあんまり積らないなぁ。
関東圏で大雪なんか降ったら交通大パニックでとんでもないことになるんでしょうけど。
雪だるまつくりてぇ。かまくらでぬくぬくしてぇ。雪合戦してぇ。

こういう寒い日は熱燗に限る。


汚い話で申し訳ないんだが

めっちゃめちゃ外寒いですね。

最近ふと気付いたんです。
ど~でもいいことだけど、ズバリ、鼻水って二種類ありませんか?

風邪引いて普通にでる鼻水とか、泣きすぎてでる鼻水ってのは
ズルズルしてて、粘性高いですよね?

今日外にずっといて気付いたんですけど、それと別の鼻水があって
寒いと自然と出るタイプのやつです。
あいつらはごく自然に鼻から垂れてくるんです。
それもすごいサラサラ。水みたいなレベルで粘性がないんです。

だから危ない、気付かない可能性高い。
いつのまにかなんてことだったら目も当てられない。

不思議だ。どっちが本物の鼻水なんだろうか。
いやそもそも鼻水に本物も偽物もないとは思うんだけども、
種類は違うものなのだろうか。

あと白っぽい鼻水は白血球が含まれてるから白いんだそうですよ。

涙は血液が原料ってのは有名な話ですけど、
いくら裏ごしされてるとはいえなんであんなに透明なんですかねぇ。
血の涙を流すとかよく言うけども、すでにある意味血の涙なわけで。

汁も考えてみると奥が深いもんですね。

動物は何種類も分泌しているわけで体の7、8割が水分といっても
いわゆる汁の種類は半端ないわけですね。

味噌汁が一番好きですけどね。

んじゃ。


センター試験の「センター」ってどこよ?

更新できなかったぁ。というわけで更新更新。

センター試験の再試験者が1200人いるそうで。
再試験ってひどいねぇ。面倒だねぇ。おれだったら確実にテンションダウン。
ていうかリスニング本当に必要なのか?試験する側も気が気じゃないだろう。

思えば受けてたんだなぁ。よくもまぁあんなにテストしたもんです。
5教科7科目って多すぎるよなぁやっぱり。受け終わった後
思いっきり弁当箱忘れたのもいい思い出だ。あの弁当箱どうなったかねぇ。

確か国語のマークシートずれてて直しました。
直してなかったら今頃は多分もっと根暗になっていたでしょう。
あと明らかに携帯のバイブなってたよ。
あんときばかりは流石に気になって仕方がなかった。

あとはあれだな消しゴムでサイコロとかね。番号書いておくんです。
んで5とか6とか出た時のこと考えてなかったりとかね。
サイコロ振ったはいいものの机から落ちて結局タイムロスした
上に番号もわかんないから振り直しとかね。

あとなんだっけな総合理科だっけ?あれ意味不明だったよなぁ。
意外に科目数がめちゃくちゃあった気がするんだが。
あれ以来増えたんだろうか?

学生生活の思い出は試験の思い出でもあります。

しかし学生生活最後の勝敗がたった数枚の紙切れで決まるというこの現実。
案外そういうもんですな。履歴書にしたってエントリーシートにしたって、
たった一枚の紙切れなわけで。面接が増えてきたけどもそれでも
たった一回会っただけで何もかもわかるわけはないですし。

今でもそうですが、どうもそういうことにすべてを賭けるという気持ちにならないもんです。
運も実力のうちって試験ではまさにそうです。
いくら勉強したってわからん問題でてきたら終わりですからね。

今頃は多くの受験生たちがさまざまな思いを抱いていると思うと
なんだかドラマチックですね。心なしか休日なのに街に制服が溢れていました。

がんばれ受験生!

おれも気持ちはいつも受験生でいたい!

まあ無理だな。


ちょっとしたミラクル

ふとブログの設定を色々弄っていたら今更気付いたのだけど、
記事数が普通に200超えてるのね。一行だけとかの更新はないから文字数にしたら
相当な数になってんだろうなぁと思う。一つの記事が500文字だとしても、
100000字なわけだ。掛け算ってやべぇな。ブログが本になるっていうのも頷ける。

思えば去年の春に衝動的に始めたブログですが、ここまで続くとは正直思っていなかった。
おれにとってちょっとしたミラクルですよ、これは。

今年もずーっと続いていけるのだろうか。しっかし飽きもせず書いてるよなぁ。
自分でもちょっと異常だと思う。いまいち趣旨が定まっていないわけで、
テーマブログの方がおもしれぇんじゃねぇかとか
色々悶着していますが、おいおい考えていきたいもんです。

趣味で留まってるから面白いということは多々ありますよな。
仕事とお金が絡んでくるとどうしても制約ってのは出てきますし。

なんか良いネタはないもんかなぁ。
これっていうのがあればコーナーが作れると思うのだけれど。。


ニコニコ!

と聞いたらニコニコ動画と思い浮かぶ人が多くなってきたのだろうか?
おれは思い浮かぶようになった。

押しも押されぬ動画チャンネルとして君臨し始めた。
いよいよ放送の在り方が変わり始めるときが来たように思える。
テレビよりもニコニコ動画見てますって人いるんじゃなかろうか。



中学一年のときからPCを触り始め、ダイヤルアップ接続をして
ブラジルから多額請求を受けたりと、インターネットが家庭に普及する
黎明期をもろに体感し、中学二年になる頃にはその世界にどっぷりつかっていた。

2ちゃんねるにもハマっていた。いわゆるチャネラーだった。
その当時はまだマニアックなイメージが相当強く
アンダーグラウンドな世界という匂いがまだ残っていた。

今やギコだのモナーだのが巷で騒がれたりするわけで、
その頃はまったく思いも寄らなかった。
ボイスチャットで他人とカラオケ大会。フォトショップを使っての画像合成。
ADSL開通。大容量HDD流通。P2P接続の開始。何もかもが新鮮で驚きの連続だった。

今となっては何もかもが当たり前になってしまった。そしておれもその環境に慣れた。
こうしてブログを書いていることだって驚愕の事実なはずだ。

さまざまなサイバーメディアが爆発的な普及を見せているが
振り返るとなんとも言えない気持ちになる。
順を追ってその進化を目の当たりにしてきたせいか、
ニコ動がぶわーっと普及しても気に留めなかった。

でも改めて考えるとやはりこれは今までの革新的な進化と同じで
画期的でかつてない出来事だと思う。インターネットでウェブといわれるように
クモの巣型に繋がっていくこのシステムは放送ではない
新たな通信の形を用意したのだろう。

放送と通信の融合とかいうスローガンがあったが
それによって生み出されたのが地デジだというならそれは間違っているとおれは思う。

放送は基本的に一方向通信だ。せいぜい二方向通信である。
テレビ局から発信されるものを受信機がとらえるだけだ。
地デジはただ単にアナログ波がデジタル波になっただけであり、
コンテンツの伝達手段が変わっただけで一方向通信という体制はまったく変りない。

これはただの「放送」であり、別にインターネットのような多方向通信とは
何にも関係がない。というか「放送と通信の融合」というときの
「通信」がウェブのシステムを用いた多方向通信のことを指しているのだとすれば、
発信局が独占的に設置されているテレビ局という構造が破壊されないかぎり
融合などということはあり得ないという矛盾を帯びていることに気付かされる。

それぞれの良さがあるのだけど、こと映像とか音楽というひとつの
メディア媒体というジャンルでくくり出し土俵ができてしまうとと競争が生まれるので
お互いの粗探しになったり、批評会が始まってしまうことが多いと思う。

少なくともテレビっ子という言葉は将来的にはなくなっていくような気がする。
今後はメディア自体がウェブのように連結して境目がなくなっていくからだ。

言い換えると、ただ純粋に「見る、聞く」という欲求が人々を扇動して
その過程でその欲求を提供するコンテンツが淘汰されていき、
コンテンツを伝える手段である媒体は限りなく透明化していくということなのかもしれない。

なんにせよ、みんなが発信者で受信者であるという構造を見事に
ニコニコ動画は昇華させて具現化していると思う。
ここに商業主義的な要素が絡むとどうなるのかそれが今後楽しみではある。


臨戦態勢

まずい色々やってたら…なんだかせっぱつまってきました。
卒論がなかなか書けねぇ。これは危険だ。

缶詰にならないとだめだぁ。
いくつになっても追い込まれないとピーンとこない。
だめすぎるなぁ。というわけでしばらくだらだら日記になりそうです。

すんません。


いつになったら大人になれるの?

成人の日だってのを忘れて街中を闊歩していたら、
華やかな振袖があちこちに見えてやっと気付いた。

さっそく新成人が酒を飲んで暴れたというニュースを見かけるが
もはやただの「ネタ」になっている。

思えば2年前に成人式に顔を出したわけだが
住民票はとっくに移し変わっていたので同窓会的な空気は
一切なくただ儀礼的に市長の話を聞いてきただけという質素な成人式だった。

今でいう成人式ははっきりいって同窓会なのだから
転勤族であるおれにとっては幼馴染もおらず、
小学校、中学校、高校ごとでそれぞれ友人の幅も奇麗に
切り替わっているのでここが地元だ!と言える場所はない。

というわけでなんらおいしい機会もなくまったくもって虚しい成人式だった。

大人のビターチョコとか大人のふりかけとか大人のなんとかという
アダルティなものがも持て囃されるが、成人した!と胸を張って
言える日はだいたいの人にとって成人式の日ではない気がする。

元服もないわけで、結局一人前の成人になったという定義は
社会人になったときというのが今日では一番しっくりくるのではないだろうか。

ほぼ大学全入時代の今は普通に入学した場合でも22歳まで学生を
やっているわけだからなかなか20歳のときに成人式などと言っても
成人になったという実感は薄い。もちろん自立して生活している人にとっては
何を今更という逆の感想を抱く人もいるだろう。

金の卵といわれた集団就職時代の方々は中卒、高卒はあたりまえなわけで
先の定義で考えるなら単純に言うと4年ないしは7年分成人になったという
感覚は早かったと言える。今時の若者はと揶揄されるわけだが、
はっきりいって成人としてのスタートは少子化もあいまってかなり遅れているというわけだ。

まあどちらの方がいいのか悪いのかということではなく
単純に今の社会の風潮を見ているとそういうタイムラグは無視できないことだろう。

よく言われる話ではあるが「生活が豊かになった分、子供たちの身体の成長は
早くなったが精神の成長は遅くなった。」と言われている。
そして体は大人、頭脳は子供な逆コナンに対して「ゆとり、ゆとり」と
バカにするような風潮がネットでは広まっているし、ネットだけではなく、
現実の組織においてもそのようなことを耳に挟む。

だがよくと考えるともはやこれは10代とか20代という若年世代という
短いスパンの問題ではなく50年というもっと大きな時系列の中での
社会構造の変化に根差した問題だと思っている。

なんとなく昔の映画やドラマがアレルギーのようにひたすら
懐古され出されてきたのはここら辺の深層心理が表面化してるような気がしてならない。
過去を振り返って懐かしむのは結構だが今起きている歪みはどうするのだろうか。
ただ「あいつはゆとりだから使えない」といって切り捨てるべきなのか…。
ここにきて一番簡単で残酷な「差別排斥」という手段を選び始めている。
そんな危険な空気をひしひしと感じる。

人は生まれながらにして平等ではないということを
そろそろ教えるべきなのではないだろうか。


リアルボンバーマン

灯油こぼしました。臭い。
拭き拭きしてました。しんどい。
火がついたらマジでヤバイ。ごめん。

それにしても灯油値段あがりすぎじゃないすか。
国家情勢ってのは恐ろしいなぁ。
経済戦争だ。エコノミックウォーだ。

剣なんかではなく資本や資源が武器となり凶器となる。

割高な灯油をこぼしたという憤りは
十分自分に対して闘争心と虚脱感を煽るのですね。


そういえば今日良いセリフを聞いたので残しておきます。

「目に見えないチカラを操るのが魔法なのでしょう。
音楽は見えないチカラで人の心を動かします。
ですから私は音楽も魔法の一種だと思うのです。」

うーんマイルド。優しい気持ちになるなぁ。
あー灯油の匂いでらりってるからか。だめだねこりゃ。

おーいファブリーズゥゥウ!!


ピカール

私の父が買ってくれた始めての研磨剤。

それは目の粗いのと目の細かい、石を磨く研磨剤で私は小学生でした。
その磨き心地はなめらかでスムーズで、こんな素晴らしい研磨剤をもらえる私は、
きっと特別な存在なのだと感じました。
今では、私がおじいちゃん。自分に買ってあげるのはもちろんピカール!

なぜなら、私は磨くのが大好きな偏執狂だからです。

(パロディですが内容はノンフィクションです。ヴェルターズ旨いけど甘すぎ。)


ピカール金属磨

続きを読む »

久し振りにラーメンについて

たまがったラーメン


この前、目の前でスープが終了して食いそびれたラーメン屋さんにいってきましたよぉ。

横浜駅西口のダイエーとかある交差点をムービル方面の小道に入っていくとあります。
大勝軒がすぐ隣りにあるので場所の割には見つけやすいはず。
看板持って宣伝してる人もいたりします。

九州とんこつラーメン「たまがった」です。
大分のラーメンだそうで、大分ラーメンってあんまり聞いたことないですね。
神奈川新町にも店を構えているのですが、横浜駅前にも出店なさったようです。

九州とんこつの特徴といえば麺。やはり細い。細いので茹であがりがハンパなく早い。
多分注文して3分くらいか、もしかするとそれ以下で出来上がってしまいました。
早いってのはうれしい。店はあまり広くないので回転率的にもこの早さは強みでしょう。

横浜で開いたということもあって、トンコツのあの匂いがしません。
おれはまあ、あの匂いも好きです。本場ではあの匂いしてますね。
だから九州出身の方はちょっと物足りないという人もいるかもしれない。

チャーシューは薄めのトロ肉タイプです。のりは二枚。
結構油は多いかもしれない。スープは全部飲める人とそうでない人が出てくるでしょう。
味は普通でも結構濃い目に感じました。家系いってた人も耐えうる濃さでしょう。

麺が細いというのがなにより特徴。
普通においしかったです。まあ味ばかりは個人的な好みの問題なんでねー。

寒い時期はやっぱラーメン食べたくなるなぁ。まあオールシーズン食べたいんですけどね。


今日も今日とて、とぜんでございます.日本

という風にアドレスを設定できるようになるようだ。
朝日新聞の一面に載っていたのでちょっと驚いた。

どういうことかというと、要するにアドレスが日本語で登録できるようになるのだ。
でもさぁ、これすんげー違和感ないだろうか?

ドット日本ってなんかうさんくさいなぁ。
ドットブラジルとか、ドットパプワニューギニア、
ドットトルクメニスタンとかになるというわけだよね。

まあドメインはいいとしても、HPのアドレスが日本語というのはなんか気になる。
「朝日新聞.日本」とかならまあかっこいいけども、
「私のわんちゃん日記.日本」とかだと締まりがないんじゃないだろうか。

アドレスっていうのはHPの住所みたいなものなのだから
架空の住所みたいな感じで登録すると面白いかもしれん。
「東京都台東区上野公園5-16犬々荘.日本」とか。うん、これなら違和感がないぞ。

あーせっかく日本語にしたのに覚えにくいね、これだと。
まあどうせ登録するんだし、覚える気ゼロなんだからよいか。

あとはそうだな…「おれんち.日本」とか単純なのも悪くない。
…というかふざけてるようにしか見えないな。

日本語にできるようになっても多分日本語にしないかもなぁ。
だいたいアドレスを自動生成するような方式の場合どうするんだろうか。
アルファベットの方が都合いいんじゃなかろうか・・・。

う~んまあ面白いアドレスになるといいねぇ。
アドレス見ただけで笑える一発屋のHPが増えそうだ。


あれ?なんかしょっぱい。

画面見てるとなんか口しょっぱい!

最近涙もろくなっていけねぇや。
とにかくすぐ感動して泣いてしまう。これってなんなんだろうか。

ちょっとした歌やら、映画やら、アニメやらで
いい話が出てくるともう目の前がふやける。
もうがばいとか散々見たのにまたこの前お別れシーンで泣いた。

小説とか迂闊に電車で読めない。コンタクト乾かないので目薬いらん。
涙腺から自動生成されてます。夜帰り道音楽聞いて帰ったりすると
すんげーモイスチャー。ミストアイ。目の中ローレライ。

いや別になにか精神的におかしくなってるとかそういうのではないと思うんですけどね。
まあ感動すんのはそんなに悪い事じゃないだろうし、
泣くと何かが分泌されてよいっていうし、一人でいるとまあー泣きます。

卒業式とかそういうのでは絶対泣けなかったんですが、どうしたんですかねぇ。
まあ笑いあり涙ありの人生の方がいいですけどね。


笑いと言えば久しぶりにヘキサゴン見たら思いのほか面白くてびびった。
もはやどこら辺が六角形なのかしらんが、問題文を
おバカに読ますクイズは大いに笑った。あれ考えたやつすごいな。
というか読み間違え方が奇想天外すぎてついていけない。
逆にあそこまでいくと天才だ。


これからも大いに笑って大いに泣いていきます。


プレイ・ステーション・ポータブル!

PSP&CC


新型!ピアノブラック!うすーい、かるーい、きれーい。なんとバカっぽい感想w

でもまじでそんな感じですな。てかPSPでこのムービーの画質ってなんだよ。
ワンダースワンとか、ゲームボーイカラーとか、ゲームギアに謝れ。

しっかしプレイしてるとさーだいたい言われるね、大画面で見たいって。
それ言われると元も子もないなぁ。確かにこんだけ綺麗だと大画面の方がいいな。
まあ端子つなげばできるけども、そうすると小型機の意味ないしなぁ。

なんだこの矛盾は。カールスティック、1リットルのちびレモン、
冷やして飲むホットレモンとかそんな感じだ。

でもまぁ満足です。これだけきれいなら。ロードも思ってたより遅くないし。
あとはPS3を買うだけだけども、もうちょっと待とう。
何Gのやつを買うべきなのか相当迷う。

昔のゲームの焼き直しが多いので、もうちょっとソフトが出るといいんですけどねぇ。
でも小型機のソフトってのは難しい。単純かつ面白いのじゃないと容量足りないしな。

カラーバリーエーションも色々あるけど結局黒だなやっぱ。
でも昔はプレステは灰色だったんだよなぁ。
子年だからグレーもありだったかなぁ。でも来年から関係ないしな。

ちょこちょこ遊ぶにはちょうど良いです。
それにしてもジェネシスよー、声ガクトでもいいけど、
顔までガクトにしてどうする。なんか倒すのいやだよ。
まるで大河の謙信を倒してるみたいだぜ。


物資とかその他いろいろ補給

明らかに趣味に金使いすぎた。。いやいつものことですけどね。
でもまあ好きなもん買って暮らせるんだからいいさな。

そいで新年一発目大学いったらね、休講でした。
いや面白いね。どうも昨日から不意打ち寸止めばかりくらってる気がするぞ。

でも久々に同じゼミの友達に会ったね。
んで新しい友達紹介されて、その新しいお友達にM1出た方がいいんじゃない?
って言われた。あーそういえば昔コンビ組もうって真剣な話あったなぁって思いだした。
いや言われるほど自分じゃ面白いと思わないし、「笑い」の道って本当に厳しいからなぁ。
ここはひとつベルクソンの「笑い」でも読むべきなのだろうか。
いや今読んだらますますつまらない人間になりそうだな。

てか思い出したが、久々にゼミの友達に会うとかだめだろ。
だからこんな窮地になってんだな。本当にたるんどるなぁ。
てか色んなことありすぎ、今年は普通に働く。
それだけだ。おみくじでもあんま無茶な目標立てんなって書いてあったしな。
地道にいくとする。

そういや販売士検定受けなきゃならないんだったなぁ。
まーた勉強するのか。ユーキャンとか馬鹿にしててごめんな。
品格の時代じゃなく資格の時代じゃないのか、おい。
そんなだれがうまいこと言え的なこと言ってる場合じゃないですわ。

まあ次の日記は最近購入したものについて語ります。
あーこうやってうざく語ろうとするからオタクじいちゃんなんだな、おれは。
めげない、しょげない、ないちゃだめ~だな。(がんこちゃんのテーマソング 歌:谷啓)


目の前でSTOP!!

まーた横浜西口に九州とんこつの銘を打った新しいラーメン屋ができた。
それも味と量に疑問が残る大勝軒の隣にできたのである。

これが今日ちょっと夕方に横浜戻ってきたので立ち寄ろうと思ったら、
ちょうどおれの目の前で、「スープが切れたので本日は終了です」という
看板が置かれたのだ。

おいおいこんなリアルコントあるかよ。と思いながら肩を落として帰った。
久々に屈辱を味わった。二日前に行列のできるラーメン屋は
嫌いだと思ったけど、やっぱり嫌いだ。ひどいよ。なんだよこの看板はよ。

行列のできるラーメン屋は嫌いだけどラーメンが好きだから
ひどいジレンマだ。並んでるからって旨いわけじゃない場合もあるから困る。

まあまた今度行ってレポしようと思います。


かるた。

初回版_鋼の錬金術士 第18巻.


ガンガンの目玉コミックス、ハガレンこと鋼の錬金術師の最新刊ですよー。
アニメの出来も相当良かった。コミックの方はブリックス山の続きですねぇ。

というか、かるたついてた。これは嬉しい。今回の初回版は豪華だねぇ。
でももったいなくてこういうの出来ないタイプなんだよなぁ。
絶対びしばしとってたら折れ曲がったりするだろうし。。萎える。
というかだいたいの人が多分コレクトするだろこれ。

さーておれも錬金術の勉強するか。今の世の中、結構錬金術あるよなぁ。
いやオカルト的な意味じゃなくてボロイ商売っていう意味ね。
でもハガレンの場合は等価交換だしなぁ。
だけど金を錬成するのは法律で禁止されているだけで実際できるんだよなぁ。

ファンタジーが受けるご時世だけども、
見方によっちゃ今の世の中は十分ファンタジーに満ちあふれてる。
多分中世の人間が今の世の中に訪れたら、全て魔法だと勘違いするだろう。

だのにつまんねー、つまんねー言う人間が多いのはどうしてなのだろうか。
目が濁ってるとしか思えん。面白いことだらけだわ、世の中は。


値札って大事だね。

一応初売りとか行ってきたけど、毎年毎年バーゲン対象外のものが気になって
結局いつもより高値で買ったりしてしまうことが多いので、結局バーゲンの時期以外に
買っても同じじゃない?ってことになっています。

なので今年は慎重に買い物しようというか、そんなに金もないので
見て楽しむのも大事だとか意味分からないことを心に念じながら売場を歩いてきました。
うーん、やっぱり対象外の品の方が服とかかっこよく見える。結局意味なし。

値段のせいなのか?いやーやっぱりデザインのせいなのか?
売れ残りがバーゲンに出てくるんだとしたらやっぱり質が落ちるよなぁ。

福袋とかは懲りたので買いません。メンズの福袋って危険だなぁ。
あんま交換とかできないし。レディーズはいいと思うのです。
でもメンズって福袋に向いてない気がします。
何が入ってんだろうというわくわく感には負けません。
やっぱ納得して選んで買わないと損した気分になりやすい。

エスカレーター乗るのに並ぶとか意味不明の事態が起きていたので
さっさとエレベーター乗り場いったらすんなり乗れたんですけどどういうことなのだろうか・・・。
罠か、そうだトラップに違いない。

行列あるとついつい並んじゃうよーって人を誘いこむための罠に違いない。
残念。おれは行列のできるラーメン屋は大嫌いだぁ!

ちゃんと周りはよく見て行動すべきだな、と思いました。


初めて詣でる。故に初詣。

初詣2008


初詣ってなんかしらないけど楽しい。手水の冷たさを差し引いても楽しい。
今年からなんか破魔矢とかデザインが一新されたり、
それ以外のものが増えていてなかなか本気だしてきたなぁと思った。

お焚き出しの匂いとかもなんとなくいいんだよなぁ。
北の方ではお焚き出しのことをどんと祭とか言ってたんだけど、
呼び名が変わるのは何故なのだろうか。

おみくじは、中吉でした。
まとめ役が適任とかうんたら書いてありましたが、もういいです、そういうのは。
情多き一年になるそうで、うれしいやら悲しいやら。
新しい目標とか立てるのは今更無理。って書いてありました。
なんかいやにはっきり書いてあったので笑いました。
けっこうここのおみくじ辛口なのね。

あと打ち出の小槌とか当たりました。これはうれしいね。
金運招来ですから。がっぽがぽ。今年からもうひたすら商売繁盛しか祈願しません。
なんだか相変わらずこじつけてばっかり罰当たりな奴だなとか言われていますが知りません。


初詣2008_キッコーマン


なんだろうなぁ。すっげーキッコーマン商品が置いてあるんだ。
どういう繋がりなのかすっげー気になる。

なすのみそ炒めとか奉納されてるのはちょっとシュールだね。食べたい。
いやいやそこまで罰あたりじゃありません。いくらなんでも食べませんよ。ひどいなぁもう。

というわけで(相変わらずどういうわけでもないが、)
いやにリアルな指摘のおみくじはちょっと置いといて、今年もがんばりませう。


書き初め

2008書き初め「創造」


書いた!!いやー筆握ったの何年ぶりだよ?

やっぱ下手くそだねぇ。

妹の習字セット借りましたよ~。

課題が「創造する心」だったんでマネして書いた。

5文字とか入んないから「創造」だけね。

なんかシュールだね。なにを創造するのやら。

凧下げして、書き初めやって、うん、今年はめっちゃ正月だぜ。

あと羽付きやりてーな。だれか羽付きしないか?顔にいたずら書きしたいぜ。

書いてしまったもんは書いてしまったので、

今年は持ち前のおバカ発想で「創造する」年にするしかないな。

あーほかの字にすればよかった。幸先悪いなぁ。

明日おみくじしまーす。


あけましておめでとうございます。

やって参りました、2008年。

そして今年の年越しも奇抜なものになってしまいました。

04-05年はそば打ちともちつきを決行。
打ってついてのアグレッシブな年越しでしたが、
結果そばではなく、つゆとえび天が一番旨いということがわかりました。

05-06年は前年のそば打ちを反省いたしまして
深大寺そば大食い年越しでございました。
4人で15人前以上を平らげるまこと胃袋を痛めつける年越しでございました。

06-07年はディズニーランドにてカウンドダウンパーティへ参加。
とても楽しかったのですが、極寒のディズニーワールドは
ある意味戦場であり、誠エキサイティングな年越しとなりました。

以上のように非常にエキセントリックな年越しをして参りました。
というわけでしてそれを踏まえて今年の年越しのお話をさせていただきます。

続きを読む »

Top

HOME

  falcon.ver.2.1 < > Reload

隼んver.2.1

Author:隼んver.2.1
性別:男
出身:北海道札幌市
現住所:神奈川県横浜市
血液型:不明(いい加減知りたい)
職業:小売・販売業
これまでの迷言:
おれ達は前を見ることしかできない。
好物:ラーメン(何味でもかまわんです。)

少年老い易く、学成り難し。
もう少年でもないので、
老いてゆかぬよう頑張ります。
おっさん老い難く、学成り易し。

リンクフリーでございます。


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。