今日も今日とて、とぜんでございます。

20代偏屈オタ男が日々とりとめないことを 書き留めるための随想録。 そしてそれは落書帳。 そしてそれはネタ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2章:東海道の罠

8月10日 午前8時30分。静岡駅に到着。

070810_0834~静岡駅


とりあえずOP収録を済ませ足早に横浜駅を
東海道本線にて出発して私たちを蝕んだのは
混雑という旅の天敵であった。

横浜-熱海間は混んでいるのだ。
当たり前のことである。
そもそもお盆のこの時期の帰省ラッシュに加えて、
夏の養生としての熱海の温泉は余りに魅力的、
オレンジラインの電車を埋め尽くすのには
十分すぎる条件である。

さっそく座席に座ることも適わず、
通路連結部に追いやられることになった。
最初は立っているだけなら余裕だ、へのかっぱだ!
と、思っていたのは甘かった。

藤沢、平塚、大磯と駅を西に進むごとに、
人が乗ってくる。いやはや乗車してくる。
いよいよ真っ直ぐ立っていられない。
普段なら満員電車でもへこたれない。
通勤ラッシュもそれなりに体感している。

だが前項でも記したがこの日は前日飲んでいた。
寝たのはおそらく午前三時くらいだった。
それが意味することは睡眠時間二時間ということである。
気分を暗くさせる。
前途多難。この四字熟語しか思い浮かばなかった。

そもそも満員電車での収録が絶望的である。
こんなんでこの旅うまくいくんだろうかと
とんでもないネガティブ思考に陥りながら
なんとか恰幅の彼と漫画の話に華を咲かせていた。
データ派の面々はちょうど人ごみを挟んで
反対側に追いやられていたので様子すらわからなかった。

そんな中メガネの彼は言っていた、
「小田原を過ぎれば多分降りる人多いと思うよ。」
旅慣れた彼のセリフは何故だか信頼性に満ちていた。
無理に少年誌の話を紡ぎながら、小田原まで耐えた。
そして絶えた。

ま っ た く 降 り な い。

それどころか増えてる気がする。
もともと所詮データで何がわかるものかと
たかをくくっていたが、一縷の望みはあった。
それが今や水泡に帰したのなら、熱海まで耐えるしかないのだ。
耐えた結果、熱海と静岡間の記憶がない。

なんとか着いた午前八時の静岡駅はすがすがしかった。
というかまだ八時なのかという
わけのわからん時間ボケが起きている。

確認しておくが、この旅はタウン誌を集めるのが目的である。
西日本の各主要書店を回る旅であることをも同時に意味している。

データ派の面々がぼそっと言った。
「八時じゃ書店、っていうか殆どの店開いてないでしょ?」
・・・・・・考えてなかった。
バカすぎる・・・あまりに無計画・・・!

というわけでとりあえず開いてる店に行くしかない。。

070810_0900~静岡マック


我らが食糧庫マックダノーズである。
いやはや、もはや荒む。心が荒れる。
なんでこんなことしてるんだろう。と思う。
まあ道中必ずこんな荒んだ気持ちなることは
分かっていたが出発してわずか三時間足らずで
こんな展開になるのはあまりに早すぎる・・・!

写真を見ていただけるとわかるのだが
旅の武運とばからしさと、うさんくささを演出するために
このためだけに黄水晶の玉を購入し持参したのだ。
とりあえず取り出してこれがあればきっと旅はうまくいくと
ご高説してみるが、「狂ってる」
という冷ややかな反応である。まあいい。

とりあえずデータ派の連中が言うには
そもそも電車の旅の出発は早朝であることから
書店が開いてないというケースは今後頻発するだろうという
指摘をはじめ、そもそもこの旅自体がいい加減すぎるという
分かりきった正論を朝マックを貪りながら浴びせかけてくる。
このとき、とりあえずなんとしても今日中に大阪まで
いかなきゃどうにもならんと、メガネの彼は悟りを開き
心に決めたようであった。

分かっている・・・センス派の私たちが何も考えてないことは。
旅の準備といえばICレコーダーを購入しただけである。
そのレコーダーもミキサーの彼の手にかかれば
一瞬で構造とシステムを理解して録音をこなしているようだ。

それだけが救いだ。

この静岡の朝マックでの荒んだ口論も
ICレコーダーに刻まれているのだろうが、
恐ろしくてまだ聞いていない。
今聞くとあまりに滑稽なものに
なっているだろうと期待をしている。

このときは本当に辛かった。
これがあと7日間も続くのかと思うと心が折れそうになった。
だがもう引き返せない。桜島を見るまでは引き返せないのである。

そんな惰性のみが次の電車へ足を運ばせる。
一路名古屋へ向かう。


スポンサーサイト

« 第3章:ポーカーフェイスじゃいられない|Top|第1部,第1章:早朝の旅立ち »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hayabusan.blog101.fc2.com/tb.php/106-cbffdc32

Top

HOME

  falcon.ver.2.1 < > Reload

隼んver.2.1

Author:隼んver.2.1
性別:男
出身:北海道札幌市
現住所:神奈川県横浜市
血液型:不明(いい加減知りたい)
職業:小売・販売業
これまでの迷言:
おれ達は前を見ることしかできない。
好物:ラーメン(何味でもかまわんです。)

少年老い易く、学成り難し。
もう少年でもないので、
老いてゆかぬよう頑張ります。
おっさん老い難く、学成り易し。

リンクフリーでございます。


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。