今日も今日とて、とぜんでございます。

20代偏屈オタ男が日々とりとめないことを 書き留めるための随想録。 そしてそれは落書帳。 そしてそれはネタ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5章:4枚のエース

070810_1326~名古屋駅前


8月10日、午後1時半、名古屋である。

名古屋駅前周辺はまだまだ開発、発展が続いているようで
後で知ったがこの建設中のねじれた建物は
モード学園の「スパイラルタワーズ」だそうだ。
流石モード系。いい加減な感想を残しつつ駅前を歩く。

名古屋駅前は、やはりうわさに聞く名古屋の
雰囲気がキラキラ漂っている。
名立たるブランド店が並んでいるのである。
百貨店の中もいたってゴージャス。

しかし残念無念。悲しいことにそんなものは
今の我々には必要ない。せめてもの情けで
セレブ気分にしてくれたのは駅前のねーちゃんが
配っている男が香る、バラの匂いがするという試供品ガムである。
なるほどバラの香りがする。・・・というか汗臭くなってる
気がして慌ててデオドラントスプレーを吹きかけた。

さてさてセレブにはまだ程遠い一行が目指すのはとりあえず
でかい本屋である。さっさとタウン誌を回収して飯が食べたい。
色気より食い気である。

そこで購入した雑誌はこれである。

20070823005619.jpg


名古屋流行発信「Cheek」。
せめて雑誌だけでも色気のあるものを・・・
というわけでもないのだが、名古屋のキラキラでヒラヒラの
お嬢ファッションといえば結構有名である。
夏の夜遊びを提案しているらしい。
残念ながら夜遊びする金も時間もない。

とりあえず腹が減った。空腹はメンバーの機嫌を損なうので
一刻も早く栄養補給したい。名古屋といえば、

070810_1405~名古屋みそかつ


みそっかつだ!
ミーハーだなと言われても気にはしない。
しかし地元名物をやっぱり食べてみたい。

名古屋の食べ物というとちょっと不思議なものが多いのも有名。
しかしあんまり奇を衒ったものを食べて失敗するのも怖い。
きしめん、外郎は食べたことがある。
なのでみそっかつを食う。友人にその呼び方はやめておけと
言われたので個人的には勢いがあっていいと思うのだが
これからは泣く泣くみそかつと呼ぶ。

味は甘い。そしてうまい。失礼ながら思っていたよりもうまい。
ご飯をおかわりしてしまった。
赤味噌がカツにキレイに塗られている。
甘さに飽きてきたら、ごまや辛子を加えて
味を変えられるのもうれしい。
しかもこの日はこのお店の年に一度のくじびきの日であった。
これは何か当たるかもしれんと意気揚々と4人くじを引くも、
全員得たいの知れないパックのレモンジュースが当たった。
みそかつは甘くとも世の中は甘くない。


悠長に飯を食べてる場合ではなかった。
次にどこに向かうかそれが問題である。
奈良か、滋賀か、京都か、大阪で待機かである。
タウン誌を回収するために色々なところを
回りたいとセンス派はずっと考えていた。
というかこの旅の趣旨としてはそれが正解である。

とにかく収録もかねて百貨店の屋上にでた。
ものすごく暑い。日陰のベンチに座り策を練る。
データ派から言わせれば確かにのらりくらりと
寄り道していてはゴール鹿児島に着かないことも
十分考えられるので京都直行はその意味では
得策でもある。しかし大阪待機はあまりに残念である。
とにかくこれではまとまらない。

私の胸のポケットにはすっかり旅の必需品となった
トランプが収まっていた。遠めに見るとくたくたになった
タバコの箱に見えるほど馴染んでいた。
このトランプから徐に私は4枚のエースをとりだした。
スペード、クローバー、ハート、ダイヤである。

そう、この4枚のエースに旅の行き先を託すのである。
全員異論は唱えなかった。
それぞれ奈良、滋賀、京都、大阪と割り振る。
シャッフルし4枚テーブルに横一列に並べる。
私、恰幅の彼とメガネの彼が引くのはなんとなく公平さが
失われる気がして、別段何も行き先について主張しなかった
ミキサーの彼が引くことになった。
4枚から1枚ずつ引いて、最後に残ったカードが
示す場所がこの先に止まる駅となる。

まず1枚目。引かれたのは奈良を示すカードである。
いきなり奈良行きは消えた。残念。悲しい。
そして2枚目・・・次に引かれたのは滋賀行きのカードである。
この旅を企画した私と恰幅の彼の意見は
早くも却下されたのである。なんとなくデータ派が
この旅の実権を握りつつあったので流れ的には
必然だったのかもしれない。

残るは京都か大阪か、企画的には大阪は
残ってはいけないカードである。
普通の観光旅行ならいざ知らず、何せ午後丸々を
大阪だけでぶっ潰してしまうのはあまりに危険である。
全員に緊張が走る。京都か大阪か、
すべてはミキサーの右手に委ねられた。

運命の一枚が引かれた。カードが示す場所は・・・
大阪であった。一同ホッと胸を撫で下ろす。
残った一枚のカードが行き先を示す。京都である。
「全員が引いては困るカードを何故いれておくんだ!」と
鋭い突っ込みをミキサーは飛ばしていた。確かにそうである。
だがいつも何かのリスクがあった方が燃えるというものでもある。

というわけで次の行き先は京都である。京都はいい。かなりいい。
ただ悠長に神社仏閣を回っている暇はなさそうである。
とにかく今日中に大阪について一泊しなくてはならないらしい。
そうと決まれば早速向かおう。全員気合を入れなおし、
すっと立ち上がる。名古屋駅へ戻りまた電車の旅に戻ろう。

その前に運試しと名古屋駅前でスクラッチくじを買う。
削る。3人はずれ。恰幅の彼は200円当たる。すなわちもう一度。
リプレイ。恰幅の彼、勢いよく削る。が、豪快にはずれる。
そんなもんである。そもそも運がよければ
こんな旅を思いついているわけがない。

運はいずれついてくるだろうと淡い期待を寄せながら
汗臭い男四人一行は東海道の終点、
日本有数の古都、京都に駒を進めるのであった。


スポンサーサイト

« 近くへ行こう。|Top|第4章:49499 »

コメント

>>メガネの彼
あんた、まだあれカバンにいれっぱだったのねw
新しい飲み物になってるだろうと思うよ。
てか漫喫に置いていくなよw

帰省からの帰り道、新幹線の始発に乗るためだけに
現在博多は天神の漫画喫茶にいるわけなのですが
この旅行記を見て、ハタと思い出し
旅行かばんをあさったら、出てきましたパックジュース。

・・・置いていくことにします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hayabusan.blog101.fc2.com/tb.php/111-95d8f4f8

Top

HOME

  falcon.ver.2.1 < > Reload

隼んver.2.1

Author:隼んver.2.1
性別:男
出身:北海道札幌市
現住所:神奈川県横浜市
血液型:不明(いい加減知りたい)
職業:小売・販売業
これまでの迷言:
おれ達は前を見ることしかできない。
好物:ラーメン(何味でもかまわんです。)

少年老い易く、学成り難し。
もう少年でもないので、
老いてゆかぬよう頑張ります。
おっさん老い難く、学成り易し。

リンクフリーでございます。


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。