今日も今日とて、とぜんでございます。

20代偏屈オタ男が日々とりとめないことを 書き留めるための随想録。 そしてそれは落書帳。 そしてそれはネタ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4章:49499

青春18きっぷ西日本横断旅行記。
まだまだ東海道の旅は終わらない。

8月10日、正午。

静岡を出発し、浜松をも後にした我々は
最初の混雑が嘘のように座れるようになった。
そのことに起因して私たちのテンションも次第に回復。
団欒の旅を送っていた。

書き忘れていたが、浜松駅のコンビニで私はこの
二日酔いグロッキーを治すためにパンシロンを胃に流し込んだ。
いわゆるこの即効性胃腸薬の類は今まで飲んだことが
なかったのだが、決して美味しいものではないが
とにかく効く。まさに速攻である。
胃が軽くなり浜松のうな重を午前中から喰らいたいような
気分にすらなったが、そこはぐっとこらえたのであった。

浜松から名古屋までは多少時間がかかるので
ポーカーフェイスババ抜きの続きをやっていた。
前回記したが「クローバーの10」がこのトランプには
存在しないことが分かったので急遽付属のカレンダーに
なっている予備カードを代用し、これで心地よくゲームを
することが可能となる・・・はずだった。

何事もなくゲームを開始して、
あたり前だが一人抜けまた一人抜け一騎打ちになった。
しかし何かがおかしい。残った二人の手札の数が
合わないのである。どういうことかというと
ババ抜きの基本ルールである、ペアを作りカードを
捨てるという性質上、最後の二人の手札は一人が2枚、
一人が1枚のように決まった数で残るはずなのである。

ところが今、目の前の二人の手札はお互い2枚ずつ
手に握られている。そんなことはありえない。
ゲームを早急に中断して手札を開かせて見ると、
今度は「JOKER」と「9」が一枚余っている・・・。

今度こそイカサマだ・・・ふざけやがって・・・。
誰もが皆そう思って、捨てたものを含め
全部のカードを丹念に調べてみる。
ひとつひとつペアを確認していく、
エースとエース、7と7、4と9・・・?
おかしいと疑いかけたときまた4と9が現れ、
二組のペアを確認して安堵したとき、
次に現れたカードはまた「9」と6と6であった。
・・・9が余分にペアに紛れて捨ててあるのである!

4,9,4,9と並んで捨てていることから考えて
この3枚目の9は勘違いではなく意図的としか思えない。
誰かが「ヤリやがった」のである。
あれほど先ほど欠けたカードでうんざりしたのに
この期に及んで、別に何かを賭けているわけでもないのに
せこいイカサマをやって抜けた奴がこの4人の中にいるのである。

全員「そんなことやるわけないだろ」の一点張り。
もちろん私はやってない。断じてやってない。
3年間サークルで共に過ごした絆にこんな形で
ひびが入るとは思わなかった。
だいたい旅の後半になってからこの疑念のタネが
じわじわと肥大化して致命的である。
この8月10日の東海道本線電車内でのイカサマ事件をカードの
並びから「四九四九九事件」と、この旅では呼ぶことにした。

こんな悲しい事件を起こさないように今後イカサマを
したものは小指1本か1000円を差しだすというキメをした。
小指一本が1000円というレートはいよいよ意味不明だが、
それで一同はなんとなく納得してしまった。
こうしてポーカーフェイスババ抜きはスリリングな
ゲームに一転したのであった。


そうこうしている内に名古屋についてから
どう身を振るかということが問題になった。
私は、大阪はUSJだけだが、神戸、京都と
旅行で行ったことがあり、だいたい観光したことはある。
そんな中、最古の木造建築、斑鳩寺、別名法隆寺を
見たことがなかった。だから奈良を推した。
恰幅の彼は滋賀を薦める。
そしてメガネの彼はあまり寄り道はせずこのまま
京都へ向かうべきだという提案をつきつける。
極論としては大阪に直行してそこで待機などという
過激な案も出てしまった。もし時間つぶしの待機など
ということになればこの旅の意義自体が危ぶまれる。
・・・紛糾である。

とりあえずババ抜きをしながら揉めたが、
決まるはずもなく名古屋についてしまったのである。
名古屋に着いたのは、
8月10日午後1時半である。

とにかく紛糾した行き先論議は置いといて
まず第二の書店を探さなければならない。
タウン誌を手に入れることが優先すべきことである。

名古屋に降り注ぐ太陽はあまりに眩しかった。目が眩むほどに。
次の行き先はいったいどうなってしまうのだろう。
照り返す夏の強い日差しとは裏腹に次に向かうべき
場所への指針は深い暗雲が立ち込めて見えない男4人であった。


スポンサーサイト

« 第5章:4枚のエース|Top|また来年! »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hayabusan.blog101.fc2.com/tb.php/112-aa34d7a8

Top

HOME

  falcon.ver.2.1 < > Reload

隼んver.2.1

Author:隼んver.2.1
性別:男
出身:北海道札幌市
現住所:神奈川県横浜市
血液型:不明(いい加減知りたい)
職業:小売・販売業
これまでの迷言:
おれ達は前を見ることしかできない。
好物:ラーメン(何味でもかまわんです。)

少年老い易く、学成り難し。
もう少年でもないので、
老いてゆかぬよう頑張ります。
おっさん老い難く、学成り易し。

リンクフリーでございます。


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。