今日も今日とて、とぜんでございます。

20代偏屈オタ男が日々とりとめないことを 書き留めるための随想録。 そしてそれは落書帳。 そしてそれはネタ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫じいギザカワユス

言いたかっただけです。

小さいころからジブリ作品を目に穴が開くほど見ています。
というわけで「ミヨリの森」、撮っておいたのを見ました。

以前感想を書かせていただいた「時をかける少女」で
美術監督を手がけた山本二三氏がメガホンを握っております。

ジブリスタッフが力を入れて送り出した
夏休み特別TVスペシャルとして大々的に宣伝されていましたね。

ここからあらすじなんで必要ない人はすっ飛ばしてください。

核家族家庭で両親がうまくいっていないというよくある
環境で心を閉ざしてやさぐれて成長してしまった少女ミヨリが
父と母の別居を理由に父方の実家の片田舎に預けられます。

ミヨリは赤ん坊の頃にこの田舎のご神木に宿る
森の長からこの森の主として正式に迎え入れられます。
10年のときが経ちそんなことを忘れていたミヨリは
ひょんなことからご神木と対面、森の精霊たちと
対話していくうちにそのことを思い出していきます。

田舎暮らしを嫌っていたミヨリが慣れ始め、学校の友達と
馴染んできた頃、森にダム建設業者に雇われた
ハンターたちがイヌワシを撃ち殺すためにやってきます。
イヌワシは絶滅危惧種でありダムを開発する場合、
絶滅危惧種が存在する地域ではダム開発を進めることが
できません。よってそのイヌワシを排除するために
ハンターが雇われたのです。

ミヨリは森をなんとか守ろうと精霊たちを集め
ハンターを脅かし森から追い出そうと計画します。
計画は大成功。ミヨリは森の魔女として、
そして主として精霊と村のみんなと
この森を守っていくことを心に決めます。

めでたしめでたし。

ここまでがあらすじでござーい。

大分端折っていますが、大筋はずれておらず
あらすじはこんなもんです。
めでたし、じゃないですね。どう考えても。

山本二三が携わっていることもあって
田舎の田園風景はやはり超美麗。
wikiでも酷評されていますが、人物の表情や
動きはかなり平坦なものとなっており
それが背景から浮き出てしまっているように感じさせます。

ストーリーとしてもどうにも附に落ちない点があり、
イヌワシ退治のためだけにハンターを雇うダム業者は
あまりにバカすぎますし、ミヨリにしても本当に
森を守る理由が見つけられているのか疑問が残ります。
都会に住んでいたミヨリが突然森を守りたいという風に
強く感じる理由が差し当たりみつかりません。

田舎で森を守り続けるということの使命の重さを
考えるとあまりにも動機付けの部分が
描かれていない気がします。

ミヨリの家族の問題も結局別居状態で
EDを迎えますし、両親の愛は中途半端にしか
受け入れられず森に引きこもってしまうようにも
取れてしまうのであまりに理不尽なEDに
見えなくもありません。

もちろん全てのストーリーがグッドエンド、
ハッピーエンドである必要はありませんが
あまりに人物の行動理由や心理描写が
想像できないほどすっぽ抜けていると
見ているほうは置いてけぼりになってしまうものだと思います。

子供が見る分にはもちろんこれだけでも
「自然は大切だよ」というテーマと画の美しさと
面白さは十分なんだと思いますが、
「ジブリスタッフがお送りする、超感動作!」と
宣伝してしまった以上期待過多になるのは
目に見えていることなので、ストーリーに
穴が目立ってしまう作品ではないかと思います。

ナウシカやラピュタは今見ても
やはり味わい深い作品だと思いますし、
そういう点で「大人も楽しめる」という
ジャパニメーションの拭えない期待がある限り
酷評を下してしまうものだなと思います。

というか大人とかいってまだまだバカで
ガキなだけかもしれないですけどねw

でも蒼井優ちゃん声優うまいですねー。
違和感なかったです。さすが演技派。
でも元ちとせの特別出演はやめたほうがよかった。
森の長の声なんですがどう聞いても「棒」です。

この手の門外漢を無理やり声優として出すというのは
あんまりして欲しくない。元ちとせは歌があるのだから
そっちを徹底的に任せればいい。そうしないとせっかくの
作品を台無しにしてしまうこともあります。

事実それで損をしている作品がいくつもあるような気がします。

いやーそれでもアニメって本当にいいもんですね。

まとめかたが無理やりすぎますね。すんませんでした。


スポンサーサイト

« 第8章:もう一つの分岐点|Top|第7章:鉄板オーケストラ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hayabusan.blog101.fc2.com/tb.php/116-f5ff2a5e

Top

HOME

  falcon.ver.2.1 < > Reload

隼んver.2.1

Author:隼んver.2.1
性別:男
出身:北海道札幌市
現住所:神奈川県横浜市
血液型:不明(いい加減知りたい)
職業:小売・販売業
これまでの迷言:
おれ達は前を見ることしかできない。
好物:ラーメン(何味でもかまわんです。)

少年老い易く、学成り難し。
もう少年でもないので、
老いてゆかぬよう頑張ります。
おっさん老い難く、学成り易し。

リンクフリーでございます。


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。