今日も今日とて、とぜんでございます。

20代偏屈オタ男が日々とりとめないことを 書き留めるための随想録。 そしてそれは落書帳。 そしてそれはネタ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8章:もう一つの分岐点

大阪の極一般的な漫画喫茶を「寝城」にした我々は
幾重にもパーテーションで区切られた
箱の中で各人思い思いに静かに夜長を過ごしていた。

時刻は8月11日、午前1時、深夜である。

ネカフェ難民という言葉が出来てまだ日が浅いが、
ネカフェという空間は確かに生活するに
十分足る場所であるということがよく分かった。

殆どのPCを始めメディアが使い放題であり、
勿論漫画も読み放題。そしてドリンクもかなりの
種類が用意され飲み放題である。さらに必要とあらば
常備されているインスタントフードを肥しにすればよい。
正直こうして夜泊まる分には、はっきりいって
かなり快適で飽きない空間である。
下手なカプセルホテルよりもいいのかもしれない。

サイダーをコップに注ぎ、徐にマガジン系列の漫画を
むんずと掴み自分に割り振られた番号の暗がりのブースに戻る。
合成皮の椅子にぐいと深く腰をかけスタンドに明かりを点し、
PCの電源を入れ自らのブログを現地大阪から更新する。
この一連の行動を思い返してみると家と差して
変わりのない生活を送っていることに気付かされる。

適当にブログの更新を終えて、
「ケンコー全裸系水泳部ウミショー」をパラパラと
捲り始めたとき、我がブースをコンコンとノックする音がした。

まさか・・・「いくらなんでもその漫画はないだろう」という
厳しい突っ込みが来るのかと身構えるとブースの前に
立っていたのはメガネの彼であった。

恰幅の彼と私はかなりの漫画好きであり
ストーリーについて考察を加えるようなアニオタの
傾向が強いのだが、メガネの彼とミキサーの彼は漫画を
知ってはいるものの彼らは専らジャンプなどで、
約1クールで連載打ち切りとなった通称、「突き抜け」
漫画などを面白がる人種であり、ここでもデータとしての
漫画連載に興味の視点を置くという高尚な連中なので
センス派とは少々漫画に関するベクトルが違う。
なので「ウミショー」に関しての突っ込みではなさそうだ。

彼は徐に携帯を取り出して私の目に画面を傾ける。
小さな文字で明日(今日の早朝)の電車接続及び乗り継ぎ
プランがそこには打ち出されていた。

名古屋も一つの分岐であったが、旅行を計画したときから
4人の頭の中では合致して大きな分岐ポイントが存在していた。
それは岡山駅であった。
すなわち「四国」に足を延ばすか否かという問題である。
四国に寄る場合はそれなりの覚悟が必要であることは
誰にも明らかなことであった。

しかし名古屋で引いたエースの京都駅行きの
お告げにより旅行の進行は私が思っていたよりずっと早い。
一日でここまで来ているというのは順調極まりない。

早朝5時にさっさとここを出て、岡山を目指し
瀬戸内の荒波を高架で渡り、讃岐うどんの聖地
香川に向かうという強行スケジュールが
細かく時間を区切り明るく小さな画面に
くっきりと照らし出されていた。

スライドさせ下の行を見てみると神戸で
時間を潰すというプランも書いてある。
だがこちらはひどくお座なりに書かれている。
まさに適当に神戸で時間を潰すというような
特に具体的な提案もない簡素な内容である。

ここから読み取れることは「四国に行きたい!」という
熱意である。もちろん私も最初から四国に行きたかった。
ただ時間の都合を考えると寄れないかもしれないという
諦めも多少あった。しかしここは大阪。
無茶できるペースなのだ。

ならば行こう四国へ。

そう告げると恰幅の彼も「四国行き」を
推していることをメガネの彼は後で教えてくれる。
後で教えるところが彼の持ち味であり
手の内をなかなか明かさないのがこの男の特徴である。

かくして四国行きが決まったのである。

今思い返してみると、メガネの彼がこうも時刻表を華麗に
駆使して我々を一日で大阪まで引き連れてきたのは
定かではないが四国へ行くための布石であったかもしれないと
考えると、この男の底知れぬ器量に畏れ入る。
メガネの彼は一度四国で讃岐うどん巡りをしており
うどんの旨さの虜になっている気配はあった。

何はともあれ、4人の意見と利害が一致するので
あれば行き先はひとつに定まる。明日はうどんでこの胃を
限界まで満たす。そうと決まれば旅への原動力も体の底から
沸いてくるというものである。ならばそのために
この椅子に深く腰掛け今日は眠ろう。朝が待ち遠しい。
四国のうねる山道、コシの強い素晴らしき麺ロードが待っている。

・・・しかしそうは甘くなかった。
無敵の空間に思われたネットカフェが
静かに牙を向いたのであった。


スポンサーサイト

« 第9章:快速マリンライナー|Top|猫じいギザカワユス »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hayabusan.blog101.fc2.com/tb.php/117-3e92149d

Top

HOME

  falcon.ver.2.1 < > Reload

隼んver.2.1

Author:隼んver.2.1
性別:男
出身:北海道札幌市
現住所:神奈川県横浜市
血液型:不明(いい加減知りたい)
職業:小売・販売業
これまでの迷言:
おれ達は前を見ることしかできない。
好物:ラーメン(何味でもかまわんです。)

少年老い易く、学成り難し。
もう少年でもないので、
老いてゆかぬよう頑張ります。
おっさん老い難く、学成り易し。

リンクフリーでございます。


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。