今日も今日とて、とぜんでございます。

20代偏屈オタ男が日々とりとめないことを 書き留めるための随想録。 そしてそれは落書帳。 そしてそれはネタ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電脳出費

PC買ったはいいものの、同時に思わぬ出費を生みました。
2007年夏モデルなのでいわゆる秋モデル発売に伴う
一挙処分品。それでもデスクトップの方がノートよりも
値が張る中で、量販店を駆けずり回り格安で
手に入れることができました。

一時はノートの方が高い時代もあったのですが
やはり耐久性と拡張性の問題を考えると今は
デスクの性能も格段に上がり需要が拡大したように思えます。

韓国の方と飲む機会があって色々と聞いていたのですが
韓国でのPC普及率の話などを聞くとやはり日本よりも
もっとIT化が進んでいる節があるようです。

日本は2007年3月現在でPC普及率が7割くらいだったと
記憶していますが、UNCTADのICT指標ランキングというものでは
日本はギリギリTOP20に入っていません。
ちなみに韓国は19位です。
そう考えるとまだまだな気もするんですが
日本の場合はモバイルの普及はほぼ完全に終了しています。

沖縄県はPC普及率が最下位なのですが
地域差みたいなものも多分にあります。
とりあえず都心部や都会ではPCがないと
どうしようもないというイメージはあります。
事実、就職活動ではPCがなければコンタクトすらとるのが
難しいという現状を目の当たりにします。

PCがなくなって特に不便と感じたのは
先にも書いていましたが事務的なことや
職業的な問題であって生活するには特に困ったことはありません。
そう考えるとやはりPCは先進的なデバイスであり
ツールに過ぎないんだなということを再認識しました。

もちろんPCがあれば「出来ること」が増えるのは
確かなんですが、どうにも最近いろいろな人と
お話しているとコミュニケーションに関してコンピュータを
根幹とする付き合いの在り方みたいなことが
問題になっているという話を耳に挟むので考えることが多いです。

それが良いのか悪いのかわからないのですが
結局皆どこかに「違和感」を抱いているのは確かなようで
それはこれまでの話して人と関わっていくという
過程とは違ったコミュニケーションに対するある種の
免疫や抵抗となって表れているような気がしてなりません。

そんな中一方でそういう電気を介したコミュニケーションに
何の違和感も抱かず整合していくニューエイジも
同時に生まれているという実感も至るところで感じます。
生まれて成人するまでの間にPCというツールが
ごく自然に生活に組み込まれていれば当然それを
介しての伝達行為も自然となっていくんだろうなと、
電脳過渡期世代のおれは考えてしまいます。

話がまとまっていませんが要は世代的に環境的に
この点に関して2種類の人がいるとしたら
この先、考え方や価値観の違いで揉めるトラブルも
当然多くなっていくんだろうなということです。

そういうことを念頭に置いて人と関わっていかなければ
思わぬところでギクシャクすることも出てくるかもしれません。

冗長駄文失礼いたしました。


スポンサーサイト

« 第11章:鉄板オーケストラ、第二幕|Top|電脳歓喜 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hayabusan.blog101.fc2.com/tb.php/123-806288cb

Top

HOME

  falcon.ver.2.1 < > Reload

隼んver.2.1

Author:隼んver.2.1
性別:男
出身:北海道札幌市
現住所:神奈川県横浜市
血液型:不明(いい加減知りたい)
職業:小売・販売業
これまでの迷言:
おれ達は前を見ることしかできない。
好物:ラーメン(何味でもかまわんです。)

少年老い易く、学成り難し。
もう少年でもないので、
老いてゆかぬよう頑張ります。
おっさん老い難く、学成り易し。

リンクフリーでございます。


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。