今日も今日とて、とぜんでございます。

20代偏屈オタ男が日々とりとめないことを 書き留めるための随想録。 そしてそれは落書帳。 そしてそれはネタ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ともだちって…いったい。

21century Boy


以前も書きましたが、8年間続いた科学サスペンス漫画、
「20世紀少年~21世紀少年」。ついに単行本完結です。
「21世紀少年 下巻」。全部で24巻に及ぶ大作でした。

まだ出たばかりなのでここでは決定的なネタバレはせずぼかします。
ですが…まっさらな状態でお読みすることをお勧めします。

40年余りの時とともに語られる、主人公ケンジをとりまく
幼いころの思い出とその「ともだち」が起こす全世界を巻き込む科学テロ事件。
失われてゆく無数の命と、少しずつ浮かび上がっていく「ともだち」との
イタズラの記憶。犯人「ともだち」の本当の正体とはいったい…。

すべてここに完結です。実写映画化も決定しております。
実写劇場版デスノートが賑わいを見せた昨今、
果たしてこの20世紀少年はヒットを飛ばすことができるでしょうか。

すべてが決着したはずなのになぜかこの物悲しい感覚。
ともだちの顔わかりません。改めて時間があるときに読み返すつもりですが
なにせかなりのボリューム。ビックコミックス連載作品なので
普通の少年誌漫画よりも一冊一冊がヘビー。ちゃんと精読しないと
間違った解釈で読み進めてしまいます。

正直考察だけでものすごい議論が交わされる問題作な気がします。
最低の結末ともとれるし最高の結末ともとれる。
「ともだち」とは誰か?ではなく、
「ともだち」とは何か?といった哲学的な問いが絡んでる気がします。

しかし彼はいったい…素性もあまり語られなかった彼はいったい。
解釈によって作品の質自体が変わってしまう気がします。
考え凝り性のおれにとってはうーんと頭が痛い作品でした。

でもスリルとサスペンスと感動は味わえました。
実写版映画楽しみ。「カンナ」役いったい誰に決まるのでしょう。

実写版といえば「魔法先生ネギま!」の実写版ドラマ。
あれは黒歴史だ。いったいなんであれをやろうと思ったんだ。
逆に面白すぎる。気になって仕方がなくなる。
そういう戦略なのか…?

浦沢先生ワールドは難解ですな。


スポンサーサイト

« 遊び疲れ|Top|芸能ニュースの向こう側 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hayabusan.blog101.fc2.com/tb.php/142-5a3bf24e

Top

HOME

  falcon.ver.2.1 < > Reload

隼んver.2.1

Author:隼んver.2.1
性別:男
出身:北海道札幌市
現住所:神奈川県横浜市
血液型:不明(いい加減知りたい)
職業:小売・販売業
これまでの迷言:
おれ達は前を見ることしかできない。
好物:ラーメン(何味でもかまわんです。)

少年老い易く、学成り難し。
もう少年でもないので、
老いてゆかぬよう頑張ります。
おっさん老い難く、学成り易し。

リンクフリーでございます。


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。