今日も今日とて、とぜんでございます。

20代偏屈オタ男が日々とりとめないことを 書き留めるための随想録。 そしてそれは落書帳。 そしてそれはネタ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗り遅れた結果

東京に出て夜遅くなった。雑踏に茫然と立って時計に
目をやると久しぶりに終電を逃していた。
夜を凌ぐために夏の旅でその密の味を知った
高級系の漫画喫茶でやりすごすことにした。

相変わらずなんでもそろっている。夜は長い。何を読むか悩んだ。
クラッシュアイスとアイスティーをグラスにぶち込み、棚と棚の間をぶらつく。
ずらっと並ぶ背表紙を眺めていると久しぶりに読みたくなった漫画があった。

それは「ジョジョの奇妙な冒険」だった。
おれが生まれて一年後の1987年に連載されてから
今も「ウルジャン」を賑わせてる作品だ。
それにしても荒木飛呂彦は本当に年をとらない。
さすが自分のことを「波紋使い」だと言うだけのことはあると思う。

第一部から読みかえすと80巻以上に渡る超巨編なので
個人的にアツい第三部から読みかえすことにした。
ジョジョは絵がとにかく強烈だ。骨格を無視した体勢だと良く指摘されている。
確かに奇妙なポージングだ。そしてとにかく「闘い」だらけだ。
とにかく次から次へと新手がジョジョたちを襲ってくる。

ジョジョファンにとっては今更言うまでもないことだと思うが、
その「敵」が魅力的なのがジョジョの一番面白いところじゃないかと思う。
ストーリー上ただのやられ役のような敵はほとんど出てこない。
ひとりひとりが強敵だし自分なりのポリシーと信念や執念を持って闘いを挑んでくる。

荒木さんが第一巻のカバーの文章で
「この作品のテーマは『生きること』です、…(中略)…
人間と人間以外の闘いを通して人間賛歌をうたっていきたいと思います。」
と宣言した通り「死ぬこと」、そして「受け継がれること」、
そしてそれを背負って「生きること」。
これが輪廻となって転生していく気持のよい作品だと思う。

ただひたすら喉の乾きを癒すように電車が動き出すまで読み耽った。
なんか忘れがちだったことを取り戻したような気がする。
時間に遅れたことでいい時間を過ごせた。
終電を逃すのもたまには悪くない。


スポンサーサイト

« ターニングポイント|Top|文体更新ver.2.1 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hayabusan.blog101.fc2.com/tb.php/148-344de2c1

Top

HOME

  falcon.ver.2.1 < > Reload

隼んver.2.1

Author:隼んver.2.1
性別:男
出身:北海道札幌市
現住所:神奈川県横浜市
血液型:不明(いい加減知りたい)
職業:小売・販売業
これまでの迷言:
おれ達は前を見ることしかできない。
好物:ラーメン(何味でもかまわんです。)

少年老い易く、学成り難し。
もう少年でもないので、
老いてゆかぬよう頑張ります。
おっさん老い難く、学成り易し。

リンクフリーでございます。


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。