今日も今日とて、とぜんでございます。

20代偏屈オタ男が日々とりとめないことを 書き留めるための随想録。 そしてそれは落書帳。 そしてそれはネタ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲労感と充実感?

一日二食健康法のホームページに書いてあって最近ふと気になったこと。
それはこれだけの健康ブームなのに現代人は疲れているということだ。

そのホームページでは食事を一日二食にすることで
その「疲れ」を改善しようとするものだ。ここでは詳しく書かないけれども
気になる人は検索していただきたい。

サプリメントを飲み、健康に良いものを食べているはずなのに
確かに今の世の中「疲れやすい、疲れた」という言葉をよく耳にする。
宣伝広告で「健康!健康!栄養食品!そして快適な暮らし!」と
囃し立てられているはずなのに現代人は疲れている。
いやむしろだからかもしれないが。

友人の間でもそしておれも気がつくと「疲れた」と
口にしているような気がする。それでもなるべくこの「疲れた」という
言葉は口にしないようにしているつもりだ。それでもときに漏れてしまう。

思うに「疲れた」はほぼ挨拶、間投詞的なものになっている。
バイトが終わって飲みに行く時、旅行に出て宿泊地に着いたとき、
旅行から帰ってきたとき、何かイベントが終わったときなど、
労働、レジャー問わず何かの節目には「疲れたぁ~~!」っと
叫んでいることはないかと思い返すと枚挙に暇がない。

よくよく考えてみると本当に疲れたときは気づいたらもう寝ている。
「疲れた~ぁ!」と叫ぶ気力すらないのだ。
だから「疲れた」と周りに意識的に言えるうちはまだ疲れていないはずなのだ。


日本では「過労死」が問題になって久しいが、"Karoshi"は"Tsunami"(津波)と
同じく外国で通じる数少ない日本特有の事象概念である。
それだけ日本人は「働く」国民だということは諸外国に知れ渡っているようである。
ワーカホリックいわゆる仕事中毒とか揶揄されることも少なくない。

日本では働くことが美徳であるという風習が続いてきている。
今も間違いなくその風潮はある。これだけ「ニート」が騒ぎ立てられるのも
「働いていない」ということが罪であるという認識すらも少なからず
見受けられる証拠だろう。

ニートを擁護するわけではないが、働いていない人間は「最低」なのだろうか?
確かに社会意識は働いている人よりも劣っている可能性は高いだろう。
でも実はただそれだけではないだろうか。
街行く人を見てあいつはニートだ、なんてわかりようがないし、
ニートだろうがなんだろうが直接的には個人には迷惑をかけてはいない。

むしろそれどころか会社に勤めている立派な大人でも犯罪を起こす。
犯罪までいかなくとも社会性のない会社員や、
子供がいるものでさえ、モンスターペアレントと呼ばれ、
ただでさえそれらの人間が問題になっているのである。
そう考えると確かにあくせく動いて「疲れる」ということが
必ずしも至上の徳であるとはいえないのは、当たり前のことだが、分かってくる。

それでも「疲れる」という言葉が広く発せられている。
そのことを踏まえると思想的に風習的に何かをして「疲労すること」は人生、生活が
充実している、という風に捉えられているのはやはり日本では一般的な気がする。

然るに「疲れたぁ~」というセリフからマイナスのイメージをあまり感じない。
むしろ意識的・無意識的いずれかは分からないが
「充実しているぞぉ~」ということをこの4文字に託しているような気がしてならない。

最後に同じことを記してしまうが、
本当に何かに疲弊している人は言葉を発しないものであると思う。
だから「疲れた」を言えるうちはまだ幸せなほうだとおれは思っている。


スポンサーサイト

« ファティック・コミュニケーション|Top|引き出しアルバム »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hayabusan.blog101.fc2.com/tb.php/152-a25c619a

Top

HOME

  falcon.ver.2.1 < > Reload

隼んver.2.1

Author:隼んver.2.1
性別:男
出身:北海道札幌市
現住所:神奈川県横浜市
血液型:不明(いい加減知りたい)
職業:小売・販売業
これまでの迷言:
おれ達は前を見ることしかできない。
好物:ラーメン(何味でもかまわんです。)

少年老い易く、学成り難し。
もう少年でもないので、
老いてゆかぬよう頑張ります。
おっさん老い難く、学成り易し。

リンクフリーでございます。


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。