今日も今日とて、とぜんでございます。

20代偏屈オタ男が日々とりとめないことを 書き留めるための随想録。 そしてそれは落書帳。 そしてそれはネタ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白き部屋での決意

納得できないことがあって今日は白い部屋で正面をきって色々聞いてきた。
そして生と死と時間について考えてきた。

こう書くとなんだか至極重くるしい哲学をしている気がしているが、
なんのことはない。いつかは誰もが考える命題である。
一日一日を大切に生きるとはなんなのだろう。
結局自分が揺らがず笑って生きることがおれにとっての価値ある毎日だということに
疑問はなくなった。不思議と前より気持ちが軽くなったような気もする。

知ることはやはり意味あることだ。知らなければ考えることも選択することもできない。
何も知らず、考えず、誰かの考えた選択や道を選ぶことは確かに楽だろう。
でもおれはやっぱりそれじゃ本気で笑えないし怒れないし泣きもできない。

でも知れば恐怖と不安がやってくるのは確かだ。
もっと本当に苦しい思いをしている人がいるのだから甘んじなければならない。
一人で生きているわけではないということを日に日に理屈抜きで実感した。

始めからしてやれることなど何もなかった。おれはただの人だ。
ただ自分に恥じぬよう悩んで悩んで納得して今を生きるだけだ。
それが自分の受けた生を無為にしないことに繋がっていくのだろう。

絶望ってのは暗いんじゃなくて意外と眩しい。
不幸に任せて身を沈め腐ることなど容易い。
だがそれでは意味がない。尊厳がない。
幸い目に映るものはそこまで濁ってない。
もう憂うのはこれでやめようと思う。


最近のブログを読んで心配なさってくれた方々本当にありがとうございます。
読者のことを考えず感傷的にブログを書き散らすのはよろしいことではないと
思っていたのですが、なりふり構わぬ状況というのが
人にはやはり一度や二度はあるみたいです。

もうこの手の文章は時間が過ぎ去って振り返って自分でそれなりの答えを
見つけられるまで、しばらく書かないようにしようと決めました。
陰鬱で的を射ない文章を不快に思われた方もいらっしゃると思います。
ここでお詫び申し上げます。

これからはまた下らぬとぜんを書き連ねて行こうと思いますので
何卒よろしく、ご容赦ください。


スポンサーサイト

« 最近欲しいもの|Top|懐かしいということ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hayabusan.blog101.fc2.com/tb.php/170-fea7c81a

Top

HOME

  falcon.ver.2.1 < > Reload

隼んver.2.1

Author:隼んver.2.1
性別:男
出身:北海道札幌市
現住所:神奈川県横浜市
血液型:不明(いい加減知りたい)
職業:小売・販売業
これまでの迷言:
おれ達は前を見ることしかできない。
好物:ラーメン(何味でもかまわんです。)

少年老い易く、学成り難し。
もう少年でもないので、
老いてゆかぬよう頑張ります。
おっさん老い難く、学成り易し。

リンクフリーでございます。


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。