今日も今日とて、とぜんでございます。

20代偏屈オタ男が日々とりとめないことを 書き留めるための随想録。 そしてそれは落書帳。 そしてそれはネタ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3章:突然の別れ

なんだか突然の更新ですが、まだ続いています。月刊連載とでも思ってください。
なんとか完結に向けて合間を縫って執筆中です。



不夜城「レジャっぱ」で遊びつくして肉体的限界を超えた我々は
8月13日になったばかりの夜の博多をふらついていた。「レジャっぱ」から
博多駅までかなり距離があった。行きの目算では徒歩20分くらいだろうか。

「なんだよーたかが20分くらい大したことないだろう」と思う方もいるだろう。
確かに「普段」なら私だってそう思うのである。だがしかし、はっきりいって色々な意味で
限界を超えていたのだと思う。夏の猛暑の中、丸三日ほとんどまともに寝ずに
電車を乗継ぎ、歩き通してきたのである。もちろんすべて自業自得、覚悟の上での
旅行なのでその場で愚痴などはこぼしはしなかった。

しかし足は鉛のように上がらなくなっていたのは事実である。
おまけにボーリングをやったせいで心なしか腕もちょっと重い。
だんだん足の重みは疲労の蓄積により鈍い痛みに変わってくる。

そんな寝床を探す帰りの道すがら後ろから光がやってくる。
タクシーの前照灯が寂しい夜道を黄色く照らす。あっさり追い抜くかと思いきや、
手もあげていないのに私たちの目の前を急にゆっくりと走る。

どうやら運転手は私たちの後姿を見ただけで「こいつら疲弊してる」と察知したのである。
なんだか悲しくなると同時に絶対に乗らんという意地が胸に湧き上がってきた。
何故か他の3人も特に乗ろうと言い出さなかったのでそのまま歩いて帰ることになった。

だんだん街の明るさが近くなってきて見慣れた博多駅の姿が大きくなってきた。
妙な安堵感がある。駅前ではストリートミュージシャンが階段で気の利いたバラードを
熱唱していた。疲れていると音楽というものは胸にストンと響いてくるから不思議である。

漫画喫茶の看板が派手に光っている。なんでこの光がこんなに神々しく
慈悲に満ちあふれているように感じるのか、既に体の限界である。
エレベーターに飛び乗り上の階を目指す。ゆっくりと扉が開くと
ビルの蛍光灯が強烈に目を射す。光に慣れてあたりを見て目を疑った。
なんか人が並んで待ってる。

「はは、まさかねぇ。漫画喫茶ってそんなに混まんよね。」
「一時間待ちです。」
「は~わかりました。(この野郎!おれらの寝床を返せ!)」

仕方ないから駅を挟んで逆側の繁華街っぽい方の漫画喫茶を探すことにした。
幸いすんなり入れたが、座敷室とマッサージチェア室しか空いておらず、
ミキサーの彼と私は迷わず座敷を選んだ。恰幅の彼はマッサージでいいというので
その好意に甘えたのであった。分からない人に説明しておくと座敷型の部屋は
椅子はなくマットが敷いてあるので横になるのには打ってつけなのである。

ところでメガネの彼だか、彼は別室待機である。
彼は一足先に出身鹿児島へ向かわなければならないのである。
時刻表マスターの彼をここで失うというのは大変心苦しい。危険である。
しかし彼にも彼の事情があるので我儘を言うわけにはいかない。
勿論私たちも鹿児島は目指すのであとでメガネの彼と合流するからしばしの別れである。
明日はメガネの彼を除く3人で博多観光と洒落込む手筈である。

とにもかくにもまずはこの疲労を取り除かなければなるまい。
今日こそはゆっくりと眠ろうと決意した。そして明日はまた博多ラーメンを食べようと思う。
九州について最初の夜は更けようとしていた。
そして朝は色々とやらねばならないがありそうだ。

黒いマットに伏しながらそんなことを考えて眠りにつく。
次の朝が混沌に満ちた幕開けになることなど予想だもせずに。


スポンサーサイト

« 探しものはなんですか?|Top|さんぽ~♪さんぽ~♪お犬のさんぽ~♪ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hayabusan.blog101.fc2.com/tb.php/198-db67d542

Top

HOME

  falcon.ver.2.1 < > Reload

隼んver.2.1

Author:隼んver.2.1
性別:男
出身:北海道札幌市
現住所:神奈川県横浜市
血液型:不明(いい加減知りたい)
職業:小売・販売業
これまでの迷言:
おれ達は前を見ることしかできない。
好物:ラーメン(何味でもかまわんです。)

少年老い易く、学成り難し。
もう少年でもないので、
老いてゆかぬよう頑張ります。
おっさん老い難く、学成り易し。

リンクフリーでございます。


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。