今日も今日とて、とぜんでございます。

20代偏屈オタ男が日々とりとめないことを 書き留めるための随想録。 そしてそれは落書帳。 そしてそれはネタ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつになったら大人になれるの?

成人の日だってのを忘れて街中を闊歩していたら、
華やかな振袖があちこちに見えてやっと気付いた。

さっそく新成人が酒を飲んで暴れたというニュースを見かけるが
もはやただの「ネタ」になっている。

思えば2年前に成人式に顔を出したわけだが
住民票はとっくに移し変わっていたので同窓会的な空気は
一切なくただ儀礼的に市長の話を聞いてきただけという質素な成人式だった。

今でいう成人式ははっきりいって同窓会なのだから
転勤族であるおれにとっては幼馴染もおらず、
小学校、中学校、高校ごとでそれぞれ友人の幅も奇麗に
切り替わっているのでここが地元だ!と言える場所はない。

というわけでなんらおいしい機会もなくまったくもって虚しい成人式だった。

大人のビターチョコとか大人のふりかけとか大人のなんとかという
アダルティなものがも持て囃されるが、成人した!と胸を張って
言える日はだいたいの人にとって成人式の日ではない気がする。

元服もないわけで、結局一人前の成人になったという定義は
社会人になったときというのが今日では一番しっくりくるのではないだろうか。

ほぼ大学全入時代の今は普通に入学した場合でも22歳まで学生を
やっているわけだからなかなか20歳のときに成人式などと言っても
成人になったという実感は薄い。もちろん自立して生活している人にとっては
何を今更という逆の感想を抱く人もいるだろう。

金の卵といわれた集団就職時代の方々は中卒、高卒はあたりまえなわけで
先の定義で考えるなら単純に言うと4年ないしは7年分成人になったという
感覚は早かったと言える。今時の若者はと揶揄されるわけだが、
はっきりいって成人としてのスタートは少子化もあいまってかなり遅れているというわけだ。

まあどちらの方がいいのか悪いのかということではなく
単純に今の社会の風潮を見ているとそういうタイムラグは無視できないことだろう。

よく言われる話ではあるが「生活が豊かになった分、子供たちの身体の成長は
早くなったが精神の成長は遅くなった。」と言われている。
そして体は大人、頭脳は子供な逆コナンに対して「ゆとり、ゆとり」と
バカにするような風潮がネットでは広まっているし、ネットだけではなく、
現実の組織においてもそのようなことを耳に挟む。

だがよくと考えるともはやこれは10代とか20代という若年世代という
短いスパンの問題ではなく50年というもっと大きな時系列の中での
社会構造の変化に根差した問題だと思っている。

なんとなく昔の映画やドラマがアレルギーのようにひたすら
懐古され出されてきたのはここら辺の深層心理が表面化してるような気がしてならない。
過去を振り返って懐かしむのは結構だが今起きている歪みはどうするのだろうか。
ただ「あいつはゆとりだから使えない」といって切り捨てるべきなのか…。
ここにきて一番簡単で残酷な「差別排斥」という手段を選び始めている。
そんな危険な空気をひしひしと感じる。

人は生まれながらにして平等ではないということを
そろそろ教えるべきなのではないだろうか。


スポンサーサイト

« 臨戦態勢|Top|リアルボンバーマン »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hayabusan.blog101.fc2.com/tb.php/234-524c7e1e

Top

HOME

  falcon.ver.2.1 < > Reload

隼んver.2.1

Author:隼んver.2.1
性別:男
出身:北海道札幌市
現住所:神奈川県横浜市
血液型:不明(いい加減知りたい)
職業:小売・販売業
これまでの迷言:
おれ達は前を見ることしかできない。
好物:ラーメン(何味でもかまわんです。)

少年老い易く、学成り難し。
もう少年でもないので、
老いてゆかぬよう頑張ります。
おっさん老い難く、学成り易し。

リンクフリーでございます。


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。