今日も今日とて、とぜんでございます。

20代偏屈オタ男が日々とりとめないことを 書き留めるための随想録。 そしてそれは落書帳。 そしてそれはネタ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感覚の問題

今日はいろいろと買い物であちこち行っていたのだが、
問題が何かあったのか動いていないエスカレーターがあった。

動いていないエスカレーターはちょっと高めのただの階段である。
それなのに上ろうとするととんでもない違和感が足を襲う。
ものすごくきつい階段を上っている感覚になるのである。

この前のTAFではエスカレーターを間違って逆走してしまったのだが
そのときもとんでもない疲労感を感じた。

脳が完全に認識を誤っているというわけだ。
エスカレーターは自動で昇っていくものであると、
頭で思考するまでもなく感覚的な反射で理解してしまっている。

そういうことは他にも結構あるのだと思う。
まあ現状が変化せず常識的になっているものに対して
こういう反射的な理解が働いているのだから、
別にそれが何かを阻害しているわけではない。

それでも不意にその常識が通じず、
異なっている状況に置かれるかもしれないと思うと、
激しい不意打ちをくらい思考が停止したり、
ついていけなくなったりすることがあるかもしれない。

脳科学者の茂木健一郎によればそういう状況に置かれたとき脳は
そのギャップを埋めようとして活性化するらしい。

何かと何かの差を考えることはそのときは困難に満ちていることが
多いが結果的に脳にとっては、もっと柔らかく言えば、
心にとってはプラスにはなるのだろう。


スポンサーサイト

« 時間の流れ|Top|桜。 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hayabusan.blog101.fc2.com/tb.php/295-006ea970

Top

HOME

  falcon.ver.2.1 < > Reload

隼んver.2.1

Author:隼んver.2.1
性別:男
出身:北海道札幌市
現住所:神奈川県横浜市
血液型:不明(いい加減知りたい)
職業:小売・販売業
これまでの迷言:
おれ達は前を見ることしかできない。
好物:ラーメン(何味でもかまわんです。)

少年老い易く、学成り難し。
もう少年でもないので、
老いてゆかぬよう頑張ります。
おっさん老い難く、学成り易し。

リンクフリーでございます。


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。