今日も今日とて、とぜんでございます。

20代偏屈オタ男が日々とりとめないことを 書き留めるための随想録。 そしてそれは落書帳。 そしてそれはネタ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きりたんぽ鍋を

食べてきた。
前にも東北に住んでいたころに食べたことがあったのだが結構
たんぱくな味だったのでどういうものか忘れていた。

きりたんぽとは米をすり潰して棒に丸めて伸ばしてつけて
焼いたもので、弾力のあまりない餅みたいな食感である。
鍋の汁がしみ込むので具のエキスがしみ出たほぼシメの頃合いに
きりたんぽを入れて適度に火を通して食べると格別である。

ところがこれ見た目の体積の小ささに比べて非常にヘビーである。
というのもすり潰している分見た目よりもずっと米の密度が高く腹がいっぱいになるのである。
3本くらい食べただけでギブアップした。

それでもやはり旨い。旨い食い物と旨い酒。これに尽きる。
健康五体満足で食を愉しむことができる身をもつことにもう一度感謝したい。


しゃぶしゃぶ

久しぶりにじゃぶじゃぶを食ろうた。実に旨し。旨すぎて写真とるの忘れた。
至ってシンプルなもので、昆布と大蒜をつぶしたものを入れた湯の中に、
ほうれんそう、えのき、水菜、豆腐をぶち込む。あとは豚をしゃぶるだけである。

しゃぶしゃぶというのは肉によって味が決定し、牛しゃぶ、豚しゃぶ、ラムしゃぶなど
色々あるが、一番好きなのは豚しゃぶである。
牛しゃぶも悪くはないがやはり灰汁が強く、味も濃いので
なかなか続けて食べるにはしんどいのである。まあ年のせいもあるかもしれない。
ラムしゃぶは肉自体に臭みがあるので人を選ぶが、
北海道で生まれたおれにとってラム肉はポピュラーなものなので気にならない。
しかし食べたことないひとにとってはかなり癖のある味である。

前に鍋の季節よりも早めにてっちりをご馳走になったが実にうまかった。
ブリしゃぶだ、たこしゃぶだと最近は魚介系のしゃぶしゃぶも目にすることが多くなった。

めっきり冷え込んでくるので鍋はかかせない。日本の冬の食の風物詩ともいえる。
湯豆腐だけでもかなりうまい。なんだかどんどん蛋白な味が好みになってきているような
気がする。そうなってくるとまたじじくさいと非難を被るのが癪に障るが
好きなものは好きなので仕方がない。

とにかく何を入れても大抵おいしくなってしまうのが鍋の良いところである。
大勢でわいわいつつくのもこれまた楽しい。
ただし、野菜を切りまくるのが少々大変であった。


ケチャラー

朝起きてスパゲティナポリタンとチキンライスを作った。
それも結構な量だ。何故だろう。そこにケチャップがあったからだ。
真っ赤じゃないか!とさすがに突っ込まれた。

トマトは嫌いだけどケチャップは平気だぜって人が結構いる。
おれもそんなケチャラーの一人だった。
ここ数年トマトが突然食べれるようになり、寧ろ好物になった。

人の好みは変わるというが確かにここにきて
好きな食べ物が増えるというのはなかなか嬉しいことだ。
じゃあ、今のところはないが、逆に嫌いになる食べ物もあるのだろうか。

そして明日もチキンライスが待っている。
ケチャップは旨い。だが気づいてしまった。
ケチャップの甘味と酸味のコンビネーションは
おれにとって飽きる味だということを。

しょうがないから明日はオムライス的なやつにしよう。

チキンライスをさらに料理する方法を知っている方はご教授よろしくです。


ぼうぼうどり。

とんこつ茶漬けと蒸し鶏


もとい、バンバンジー。鶏を蒸しました。
あれ?バンバンジーってこういうのじゃないね。
確か割くんでしたね。醤油とごま油とラー油と大蒜で
付けダレ作っておいしくいただきましたとさ、
中華のつもりが和食っぽい。
でもまあ気にしない、気にしない。

んでとんこつ茶漬けってあるんです。
これがなかなかうんまい。
夏に茶漬けって暑いかなーって思ったけど、
でもまあ気にしない、気にしない。

永谷園の冷やしウーロン茶漬け。
あれっておいしいんですかねー。

やっぱ冷たくておいしいものとなると
なかなか工夫が難しいですよね。
ヴィシソワーズとかどう作るのかわからないし。
でも最近なら市販のはじめから用意された奴で
作れるかもしれないですね。

冷たいものばっかり食べようとすると胃腸が弱いんで、
すぐお腹壊すので注意しなきゃなんないです。

夏野菜がおいしい季節ですねー。
トマト、ピーマン、カボチャ、ナス。
色が鮮やかで見た目にもおいしそうですわ。
夏野菜カレーでも食べたくなります。

好き嫌いがなくて本当に良かったと思います。
なんでも食べれるとそれだけ旨いものに
ありつける機会も多くなるわけで。
ただその分これがすげー好きというのも
あまり無いのも残念ですけどね。
いまのところ嫌いなのはらっきょうとイクラだけなんですが、
これを克服すれば海外のわけのわからない料理以外は
ほとんど食べれるなぁと、なんとか克服する術はないかと
考えております。

色んなものを食べて養分にして生きていきたいもんです。


あなたが食べているのは本当にアイスクリームですか?

アイスミルク_牧場しぼり


「アイスクリーム♪ユースクリーム♪好きさー♪」
ちょっと古すぎますかw

てなわけで、いやはやアイスクリームがうまい季節ですね。
こいつは牧場でしぼったアイスでございます。
ご存知の方もいるでしょうが、
日本ではアイスクリームは実は3種類に分類されています。

「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」
こんなのがあるんですね。
まあめんどくさいのはさておき以下に分類されます。

アイスクリーム - 乳固形分15%以上(うち乳脂肪分8%以上)
アイスミルク - 乳固形分10%以上(うち乳脂肪分3%以上)
ラクトアイス - 乳固形分3%以上
                       ※wikipedia抜粋

すなわち「アイスクリーム」が一番濃厚です。
それに従って値段も高くなります。
乳固形分が下がるにしたがってシャリシャリとした
食感になっていくというわけです。

ちなみにこの「牧場しぼり」はアイスミルクに属しています。
何気なく食べてるアイスも種類が違うとは驚き。
まあ分類癖という感じも否めないですが。。

ちなみに上記の分類は乳製品としての分類ですので、
かき氷とかは「氷菓」となります。
いわゆるガ~リガリ君とかですね。

横浜は日本ではアイスクリームの発祥の地ということの
せいかどうかはわかりませんけども、
アイスクリーム食べられるところがけっこうありますな。

風邪引いたときにも割りと栄養価が高く
食べやすいのもうれしい。
さらに冷凍保存なので賞味期限、消費期限も存在しません。
なかなかスーパーな食べ物ですな。

チョコとバニラが混ざったいわゆる
マーブルアイスが子供の頃からずっと好きです。
今でも無理やり混ぜて作ってます。

「コールドストーン」が日本に来る前から
クッキー混ぜたりしてました。
子供の頃はなんでも混ぜるのが楽しかったのです。

アイスクリーム作る機械欲しいなぁ。


« Prev|Top|Next »

HOME

  falcon.ver.2.1 < > Reload

隼んver.2.1

Author:隼んver.2.1
性別:男
出身:北海道札幌市
現住所:神奈川県横浜市
血液型:不明(いい加減知りたい)
職業:小売・販売業
これまでの迷言:
おれ達は前を見ることしかできない。
好物:ラーメン(何味でもかまわんです。)

少年老い易く、学成り難し。
もう少年でもないので、
老いてゆかぬよう頑張ります。
おっさん老い難く、学成り易し。

リンクフリーでございます。


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。