今日も今日とて、とぜんでございます。

20代偏屈オタ男が日々とりとめないことを 書き留めるための随想録。 そしてそれは落書帳。 そしてそれはネタ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラディウスV

グラディウスV


RPGをやるエネルギーがちょっと失せ気味なのでSTGに手を出してみた。

ご存じ横シューの大家グラディウス。しかもV。
音ゲーとかゴエモンとかにはまっていることをふと思い返すと、
結構コナミ信者であることに今さら気づく。

正直STG普段ほとんどしないです。
ゼビウス、スターフォース、ジャイロダインとか
FC時代楽しく遊んでましたけど、どれもスコアは散々。
全クリなどしたこともない。

その中でも極上パロディウスは遊びつくしました。
あの意味不明の敵とクラッシクアレンジBGMが未だに脳裏に焼き付いて離れない。

んで肝心の本ソフトですが、
これグラディウスなの?ってくらいグラフィックが進化。
背景奇麗過ぎてびっくりした。爆発とかすごいし。
SFC時代の記憶が結構そのままだったんで驚きました。

しっかしめちゃ難しい。
というかSTGの才能あんまねぇなときつく思い知らされる。
イージーでもクリアできる気がしない。。それでも面白いです!
コナミコマンドを使うか使わないかという問答も顕在。
なつかしきあの頃を思い出します。

それにしてもゲーセンのSTGできる人は尊敬しますわ。
CAVEの縦シューの弾幕とか見てるとゲシュタルト崩壊起こしてくらくらしてくる。
東方もやってみたいけど、あれは弾幕アレルギーになりそうだ。

とりあえずがんばってクリアしてみようと思う。


怒りのメガトンパンチ

ドンキーコング2 怒りのメガトンパンチ


唐突だが、レトロゲームを紹介しよう。
「キングコング2 怒りのメガトンパンチ」である。
主人公のドンキーコングが何者かによってさらわれた
ヒロインのレディコングを助けるアクションゲームだ。

特徴的なのは全てのステージが真上からみた視点となっていることだ。
これによってジャンプしてもまったく遠近感をつかめない最高の仕様となっている。
ところどころ穴があるステージがあり落ちると即死である。

ステージ構成は一応あるものの、各ステージにワープポイントが
いくつもありそれぞれが各ステージを結んでいるため
1→4→7などのようにステージの攻略の仕方がばらばらになることは必至である。
各ステージにボスがおり倒すと鍵が手に入る。
全ての鍵を手にいれなければレディコングを救うことはできない。

巨大プラント施設や森林、繁華街を踏みつぶしながら
戦車をメガトンパンチでぶん殴り破壊していく。
途中岩が手に入ると制限付きで岩石をあたりになげつけるという攻撃もできる。

そして今作は「キングコング2」だが「キングコング」というゲームは存在しない。

箱に書いてある「出た!2Mビット」という岡田さんバリの演出は
なんだか見ていて目から変な汁が出てくるノスタルジィを秘めている。
おまけにスピードくじまでついていたんだね。

曲がなかなか良く無音からスタートボタンを押すと流れ出すという演出は
なかなか凝っていた。コナミは今では音ゲーの火付け役だが、
昔からいいゲーム音楽を創出してきたと思う。

レゲーっていいもんですね。


プレイ・ステーション・ポータブル!

PSP&CC


新型!ピアノブラック!うすーい、かるーい、きれーい。なんとバカっぽい感想w

でもまじでそんな感じですな。てかPSPでこのムービーの画質ってなんだよ。
ワンダースワンとか、ゲームボーイカラーとか、ゲームギアに謝れ。

しっかしプレイしてるとさーだいたい言われるね、大画面で見たいって。
それ言われると元も子もないなぁ。確かにこんだけ綺麗だと大画面の方がいいな。
まあ端子つなげばできるけども、そうすると小型機の意味ないしなぁ。

なんだこの矛盾は。カールスティック、1リットルのちびレモン、
冷やして飲むホットレモンとかそんな感じだ。

でもまぁ満足です。これだけきれいなら。ロードも思ってたより遅くないし。
あとはPS3を買うだけだけども、もうちょっと待とう。
何Gのやつを買うべきなのか相当迷う。

昔のゲームの焼き直しが多いので、もうちょっとソフトが出るといいんですけどねぇ。
でも小型機のソフトってのは難しい。単純かつ面白いのじゃないと容量足りないしな。

カラーバリーエーションも色々あるけど結局黒だなやっぱ。
でも昔はプレステは灰色だったんだよなぁ。
子年だからグレーもありだったかなぁ。でも来年から関係ないしな。

ちょこちょこ遊ぶにはちょうど良いです。
それにしてもジェネシスよー、声ガクトでもいいけど、
顔までガクトにしてどうする。なんか倒すのいやだよ。
まるで大河の謙信を倒してるみたいだぜ。


配管工RPG

妹がどこからかわからないがしまってあったゲームソフトを引っ張り出して
突きつけてやってくれと突然言ってきた。

マリオRPG


マリオギャラクシーにストライカーズという時代だというのに、
スーパーマリオRPGである。なつかしくて涙腺が緩む。
「ロ~ルプレ~イングゲ~ムやったことないひとも~♪おっけ~!」
というCMでお馴染み、1995年に発売された「nintendo」と「スクウェア」の幻の合作である。

妹を隣に座らせてスイッチを入れる。前にドンキーコングとF-ZEROをプレイしようと思って
セッティングしたのでプレー環境はバッチリである。

ところがかなり画面がチカチカしている。マリオRPGはグラフィックが美麗な分かなりの
容量なので本体があまりまともに読み込んでないらしい。
挙句に一定間隔で画面がぶれるぶれる。ガイナックスお得意の戦闘シーン並である。

それでもまあ普通にプレイはできるのでキノコ城を過ぎてどろぼうロードに入った
あたりでセーブしてとりあえず満足したようなので中断した。

いやーやっぱよくできている。アクションとRPGってどういうことよと
当時疑問に思っていたような気がするが、見事に融合昇華している。
アクションフィールドにロマサガ式のエンカウントバトルというのがバランスがいい。
レベル上げが単調にならず適度な難易度で刺激がある。

ストーリーもぶっ壊し加減がいい。クッパがラスボスじゃなくて仲間になったときは
あまりの急展開にしびれて転げまわった。ピーチが仲間になったときは
フライパンで敵をボッコボコにした。こんな暴力的なピーチ見たことない。
ジーノもマロもオリジナルキャラだというのに世界感を壊さず、
メロメロのファンタジーを提供してくれる。

そういう意味ではやはりゲーム史に残る名作だと思う。
もう版権やらの問題でDSとかにも再登場はしないだろう。

DSの一人勝ちだがファミコンからどっぷりはまっている世代はおそらく
その大半が焼きなおしだということに気付いているだろう。
それでも懐かしくてプレーしたくなるから任天堂の戦略は正しい。

PS3とX-BOXはもはやゲームの範疇を凌駕している。
物理演算だなんだと計算技術も向上してゲームの中で「落ちる」と
デジタル液晶テレビの画面を見ながらプレーしていると
本当に落ちている感覚が襲ってきて気持ち悪くなるほどだ。
マリオギャラクシーとかもろ酔いそうなのだがどうなのだろうか。

コントローラーと言えば十字キーと4つのボタンだろという
ステレオタイプのおれは未だにWiiリモコンをまともに扱えない。
小学生の妹にゲームで負けちまうとは本当に情けない限りである。

そんなおれは妹に復讐すべくクラシックコントローラーを購入して
ぼっこぼこにしてやろうと計画をしている。大人なげない?結構。
ゲームをしているときは童心に帰っているのだから関係なし。

クラシックコントローラーってところで本当にクラシックなのだろうか。
見た感じなんか非常にエポックメイキングな物体に見える。

ゲームも進化してここまでくるとなんだか楽しいような、寂しいような二つの気持ちが
混在している。どちらにしても思い出と共に残るゲームは大切にして欲しいと思う。


ぎゃおー

何かを運んだり、持ち上げたり、運んだりの繰り返しで
どうにも腰が痛い。座りっぱなしでも腰が
痛くなるもんですけど、立ち仕事で運びまくりでも
なかなかまた違った腰の痛みがあるもんです。
無理しない方が良いと思ってもそうもいかんわけです。
もっと鍛錬してかないとだめだなぁと思います。

明日は妹とポケモンMOVIE2007
「ディアルガVSパルキアVSダークライ」を見てきますぞ。
なんか未だにかなり面白そうと思ってしまう21歳。
でも小学生と一緒に楽しめる感性もまた
悪くないかと勝手に言い訳w

ポケモンのソフトの伝統といえば毎回毎回
ソフトのヴァージョン違いがあって「色」が
名前についていたのですが、
初代ポケモンといえば「赤」と「緑」しかなかったのに
今は「ダイヤモンド」と「パール」になったわけで、
もはや色じゃなくて宝石ですもんね。
一体次に名前つけるときどうすんでしょうか?
あれかなぁ惑星の名前とか付けるんでしょうかね?

どんどんスケールのでかくなるポケモン達。
この前ゲームボーイで初代のポケモン
見せてやったら「見づらい!何これ!これがポケモン?」
と言われてしまいました。

ポケモンと共にゲーム機器も進化しまくり
昔のゲーム見せてもピンと来ないんでしょうねー。
まず白黒とかありえない、今カラーじゃない
ゲームなんて意図的でなければまず存在しないわけです。

若い感性に置いていかれないようにしなくては。


« Prev|Top|Next »

HOME

  falcon.ver.2.1 < > Reload

隼んver.2.1

Author:隼んver.2.1
性別:男
出身:北海道札幌市
現住所:神奈川県横浜市
血液型:不明(いい加減知りたい)
職業:小売・販売業
これまでの迷言:
おれ達は前を見ることしかできない。
好物:ラーメン(何味でもかまわんです。)

少年老い易く、学成り難し。
もう少年でもないので、
老いてゆかぬよう頑張ります。
おっさん老い難く、学成り易し。

リンクフリーでございます。


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。