今日も今日とて、とぜんでございます。

20代偏屈オタ男が日々とりとめないことを 書き留めるための随想録。 そしてそれは落書帳。 そしてそれはネタ帳。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拡張ブリッジ

KC290244_横浜駅前橋完成


横浜駅西口を抜けて歩くと帷子川という川が流れています。
この川に架かっているのが南幸橋です。
この橋の拡張工事が行われていたのですが、
無事拡張工事が終了しました。

この川、お世辞にも奇麗な川とは言えず都会の濁った川です。
橋の姿が灰色のアスファルトではなく茶色に変わりました。
元の約2.5倍くらいに広がったんではないでしょうか。
元の写真がないので比較し難いですね。
撮影しておけばよかったなぁと思います。
幾分橋を渡る人の流れがスムーズになっていくことでしょう。
「配り屋」の人たちもいったん退散していたような
気がしますが、また戻ってくるのでしょう。

横浜駅西口ってのはどうにも古めかしい姿が残っていますが
それもどんどん新しく建て替えられています。
何十年後には姿形が変わっているかもしれません。

平日、休日問わず、賑わっている「西口」ですが
割とぐちゃぐちゃしている感じがして退廃的な
雰囲気が漂っています。

慣れ親しんだ街を去って、しばらくして戻ってくると
そこにあったはずのものが無くなっている、あるいは
違うものになっているということはしばしばあります。

人の記憶は大したことはなくよほど繰り返された
行為、出来事、事象以外はすぐには思い出せません。
何かをきっかけに起想して思い出すわけですが
そのきっかけに「街」の姿もあると思います。

匂いの記憶が一番残りやすいとはいいます。
利き茶、利き酒などという雅な遊びも香りの
記憶の強さを利用したものでしょう。
しかしおれは場所の記憶っていうものが何よりも
刺激になります。歩いて、走って、見た景色と
風景の記憶ってなんとなく特別な記憶なような気がするのです。

自分探しだとか、自己啓発だとか盛んに叫ばれるように
なって久しいですが、記憶がそれを規定する重要な
要素であるならば、リコールのきっかけになるものが
失われているとなかなか重要だったはずの記憶を
呼び覚ますのは難しいかもしれません。

今は脳の代わりに電脳があるので、
そういったきっかけを残すことは容易になりました。
車は足を、メガネや顕微鏡は目を、
マイクやスピーカーは耳を拡張します。
技術の歴史は身体の拡張性の歴史でもあり、
コンピュータはついに脳を拡張してしまいました。

人間の脳と電脳。そこに蓄積された記憶とデータは一体
どのように混ざり合い融合していくのかなんとなく不思議な
感じがします。周知の通り人間の記憶は完全ではありません。
記憶の錯誤は必ず起こります。感情にも左右されます。
自分以外には特に意味のない記憶がほとんどかもしれません。
でもだからこそ人は「思い出」や「自分」を
記憶に残すことができるんでしょうね。

橋の姿が変わると共に生まれる記憶も
忘却される記憶もあるのでしょう。


レイニーデイ。

雨の赤レンガ倉庫


しばらくずっと天気悪かったですねー。
映画見に行ったついでに赤レンガ倉庫に行きました。

何気に好きな店が結構あるので見てるだけでも結構楽しい。
いまんとこ、ここでしか見かけてない
無添加石鹸を購入しに来ます。

歴史的建造物ということになるわけですが、
当時は税関の倉庫としてその職務を果たしていたそうです。
当時は別に華やかなイメージはなかったんでしょうね。

観光写真は晴れてる日の写真ばかりなんですけど、
なんとなく雨の日のグレーを背景にした
みなとみらいも結構落ち着いた雰囲気で良いです。
雨宿りしながらぼーっとするのも涼しくて心地がいい。
ランドマークタワーもすっかり天辺が雨雲に
埋もれてぐっと空が落ちてきたような感じがします。

ご存知の方もいると思いますが、
「杞憂」という言葉がありますが、
その昔の中国「杞」の国の人が天が落ちてくるのではないかと
「憂いた」ことから杞憂という言葉が生まれました。
人類は今や天が落ちてくると心配するどころか
天を突き抜けて宇宙まで行ってしまいましたね。

大きな建物が増えたせいか、
最近、空が狭く小さく近く感じるようになった気がします。

みなとみらいはまだ開発途中なので
建物がぎっちり埋まっているわけでもなく
まだ更地も沢山あってなんだか不思議な
空間になっています。
空き地の中は入ったりできないので残念。

休日は人でごったがえしていますが、
平日は水を打ったように静かです。
だから結構落ち着ける空間になっています。

多分都会のショッピングモールって
どこも平日は静かなもんですね。
採算とれているのか怪しいものですけど、
ビル側はテナント料とるだけですもんね。
なんだかそれでいいのかっていう気もしますが。

とにかく平日時間があるなら
うろうろするには持って来いです。
ゆっくりお買い物ができます。


ガラスのモノリス

コレド日本橋


http://coredo.jp/index.html

日本橋をぶらぶらしていたら目に入ってきた、
巨大なガラス張りの建物。コレド日本橋。
近くでは写メにも入りきらない。それでも頑張って
みるとぐにゃりと曲がって見えるように
携帯の液晶にその建物は写りました。

その画面がまるでちょっとして現代アートみたいで面白いです。
しかしこのビルのガラスだけで一体何トンの硝子が
使われているのでしょうか。
昔ガラス張りの家の中でタレントが生活するという企画が
ありましたが不意にそんなことを思い出してしまいました。

ちなみにWIKIを参照すると、「コレド」という名称は
「CORE(中心部)+EDO(江戸)」つまり
「江戸の中心」という意味の造語だそうです。

なるほどそういえば一説に日本橋とは江戸時代「二本橋」で
あったといわれ、江戸建設の第一歩に二本の橋を
架けたことに由来すると言われているんですねー。
江戸時代の方々が今の日本橋をご覧になったら
さぞや驚くことでしょう。

この大きな建物はB1から4Fまでがいわゆる一般人が
ショッピングを楽しめるフロアになっている模様。
チラっとしか見ることができなかったので中の様子は割愛。

昔からピカピカ光るもの、透き通ってキレイなもの、
例えばビー玉などに、異常な興味を示す子供だった
おれはガラスのイメージはどこまでも透き通って
美しいものだと思っておりましたが、
今のビルのガラスの壁はひたすらに自分の顔と
周りの似たような風景を映すばかりです。
そういう意味では鏡張りの建物といった方が
その風体にふさわしいのでしょうか。

その反射する自分の姿と行き交う人の雑踏を
じっと見つめていると不思議な感覚に陥ります。
「お洒落で、都会的で、洗練された」といった文句は
その裏側に「堅苦しく、排他的で、選別された」
というようなイメージを孕んでる気がするのです。

人が多い都会だからこそ、人もモノもカネも
ブロック化していく。今では全く当たり前の理論ですが
人間ってそう簡単にブロック化されるほど単純じゃないですよね。
万人にある程度認められる存在が稀有であることを感じます。

どんな商業施設にもいえることですが、
その施設の近くに住んでいる人以外が
一度来店されてリピートするような魅力的な施設というものを
創り上げるのはなかなか難しいもんだと思います。
現代の人々の心を動かすものって一体なんなんでしょうかね。

答えの出ない疑問に足りない脳みそを絞りながら
ふと考えた昼下がりなのでした。


ミューザの塔

ミューザ


川崎にあるビジネスタワーって言えばいいんですかね。
関東圏には背の高い建物がぼっこぼこ建っております。

東京駅の空中権を買ってビルをもっと高く建てようなんて
話がちょっと昔にありましたね。
空って誰のものでもないはずなんですがなー。

横浜MM21地区もこれから更に雨後の筍の如く
高層マンション、ビルが建設されるのでしょうか。
あのだたっぴろいスペースも空が狭くなっていき
圧迫される空間になってしまうんだなと思うと、
なんだか複雑な気持ちなります。

ランドマークタワーもあのあたり何もなかったから
ランドマークなわけでどんどん高いビルが建ったら
もうランドマークタワーもランドマークタワーより
ちょっと低いくらいの高さの建物に囲まれて
ランドマークタワーもランドマークの役割を
果たせなくなってしまうんでしょうか。
ランドマーク言い過ぎですね。それもまたご愛嬌ということで。

高い建物って見るとうわすげーって見上げる感動は
あるんですが何軒も建ってるとなんか
息がつまるのっておれだけなんでしょうか。
慣れてしまえばただのコンクリートの塊って
思ってしまうのでしょうかね。

「東京タワー」で主人公が
「東京タワーきれいだねぇ」っていうセリフに対して
「なーに、ただの鉄の塊たい」と言うシーンがとても印象的です。
ランドマークタワーも今見ても引っ越したての頃ように
感動を持って眺めることはできないなぁって思います。

なんかこう建設に無駄に手間のかかるいびつな建物が
あるとまた新しい感動があるんじゃないかなっと
妄想でへんてこな建物を頭に描いています。


ミッドタウン・ブルース

ミッドタワー


なにがなんだかわからないと思いますが、
六本木の東京ミッドタウンの中央に位置する
その名もミッドタウン・タワー。

今や高層ビルを見ても驚きもしなくなってしまった
自分の感覚が悲しい。

だいだいどの高層ビルもそうですが
行きたい階層ごとに使用するエレベーターが異なります。
例えば10~29階、30~39階と区分ごとにエレベーターが
設置されているわけですね。

まさに巨大なタワーダンジョン。
どこに何のオフィスが入っているのか、
恐らく大元の貸しビル、テナント業の人間しか
しらないんじゃないでしょうか。
自分の持っているデータをどのフォルダにしまったのか
忘れてしまうように、いったいどこになんの
業種のオフィスがあるのか見当もつきません。
このご時勢ですし、多分入れ替わりも激しいことでしょう。

そして驚かされるのがゲーテッドシティを思わせる、
カードキーによるセキュリティシステム。
オフィス内を移動するのにもカードがなければ
トイレにも行けないという区分けぶり。
カードを失くしたらなんて想像するだけでもぞっとしてしまう。

映画の中の近未来施設が今や現実のものとなっています。
最初は驚くもんですが、人間ってのは恐ろしいもので
環境に適応して慣れてしまうと何にも思わなくなってしまいますな。

「地に足のついた」だの「根を張ってどっしりと」
なんて言葉そのものが説得力のない比喩表現になる
時代がすぐそこまで来てる気がしますなー。

うーん実にシンボリックな東京ミッドタウンでした。


« Prev|Top

HOME

  falcon.ver.2.1 < > Reload

隼んver.2.1

Author:隼んver.2.1
性別:男
出身:北海道札幌市
現住所:神奈川県横浜市
血液型:不明(いい加減知りたい)
職業:小売・販売業
これまでの迷言:
おれ達は前を見ることしかできない。
好物:ラーメン(何味でもかまわんです。)

少年老い易く、学成り難し。
もう少年でもないので、
老いてゆかぬよう頑張ります。
おっさん老い難く、学成り易し。

リンクフリーでございます。


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。